FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

LINE は便利だが交流が少なくなる???

母の確定申告書を作っていました。

母の住所は那覇市首里で、僕は読谷に住んでいます。首里と読谷との間は車で約1時間の距離。

後期高齢者保険料の通知が見当たりません。問い合わせをすると那覇市役所に行き納付証明書をもらえばいいとのこと。

首里にいる兄にお願いしました。

翌日、兄嫁から電話があり、納付証明書は出してもらった、これから読谷まで届けるとのこと。

僕は読谷まで来るのは大変だろうから LINE で写真を送ればいいよ、金額さえわかればいいんだからと答えました。

兄嫁はそうなのかと言って、すぐに写真を LINE で送ってくれました。

これで解決、母の確定申告書はできました。

後で考えました。

LINE で写真を送らず、直接兄嫁が来れば納付証明書を受け取るだけではなく、1時間くらいはおしゃべりを楽しんだでしょうね。

せっかく来るのですから。

LINE の写真を送るのは便利だけど交流が少なくなるのだなと思いました。

ただ離れていても気軽に LINE で連絡を取り合えるようにはなっています。

交流が少なくなったというより交流の形態が変わってきたということなのかな。

関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.