FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

なぜ NHK クローズアップ現代では桜を見る会、検事長の定年、辺野古の軟弱地盤の問題などを取り上げないのか

NHK のクローズアップ現代+は録画してよく見ています。

とても良い番組だと思います。それまで全く知らないことについて深く知ることができます。

ところが現在問題になっている、桜を見る会、検事長の定年問題、辺野古基地の軟弱地盤の問題については僕の記憶する限りやっていません。

念のためクローズアップ現代+のホームページで過去の番組を去年の9月ぐらいまで遡って眺めてみたのですが、やはり見えませんでした。

こういう問題は国民の多くが知りたがっているはずです。それをなぜ取り上げてくれないのか。

前の国谷裕子キャスターの時にはその時の政権に迫る問題もよく取り上げていました。

ただ安倍内閣になり、その国谷裕子キャスターがやっているクローズアップ現代に横槍が入り謝らせたというニュースも聞いたように記憶します。真偽のほどはよく分かりませんが。

NHK の会長を始めとした幹部も政権寄りになっているようです。

現在のクローズアップ現代+にも色々な圧力がかかっているのでしょう。

今日の琉球新報によると、新型コロナウイルス対策について述べたワイドショーに、内閣官房からツイッターで反論が出たとのこと。

安倍内閣によるメディアへの圧力は堪えません。メディアが萎縮してしまうでしょうね。

それでも何とか頑張ってもらいたい。

NHK の時論公論では検事長の定年問題についてきちんと述べられていました。よかったです。

「検事長定年延長 法の理念と国民の信頼」(時論公論




それから昨日のサンデーモーニングの中での青木理氏の検事長定年問題についての説明もよかった。

このようにメディアにも頑張っている人たちもいます。
NHK クローズアップ現代プラスも圧力をはねのけて頑張って色々取り上げてもらいたい。


関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.