FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

頁をページと読むのは音読み?訓読み?

1頁、2頁は、1ページ、2ページと読みますね。

この頁をページと読むのは音読みなのでしょうか、それとも訓読みなのでしょうか。

カタカナだから音読みだろうという感じもします。

音読みというのは中国から伝わった読み方です。そして訓読みというのは日本語の意味がわかる読み方です。

「訓」の意味は「教える」。意味を教える読み方なので訓読みでしたね。

そうです。頁をページと読むのは訓読みなのです。意味を教えてくれるから。
中国ではページとは読まないらしい。

前に鏡にレンズという訓読みをつけたらどうかということを書きました。

拡大鏡、望遠鏡、顕微鏡、の鏡はレンズという意味です。
だから訓読みとしてレンズを入れたらどうかと僕は提案しました。

カタカナの訓読みはその時知らなかったので少し違和感はありましたが。

頁がページというカタカナの訓読みなのですから、鏡にレンズという訓読みがあってもおかしくはないでしょう。

漢字の読み方も、時代時代に合わせて訓読みを増やしてもいいのではないかな。

他にカタカナでの訓読みの漢字に次のようなのがありました。

「粍(ミリメートル)」「糎(センチメートル)」、「粉(デシメートル)」、「米(メートル)」、「籵(デカメートル)」、「粨(ヘクトメートル)」、「粁(キロメートル)」
「竓(ミリリットル)」、「竰(センチリットル)」、「竕(デシリットル)」、「立(リットル)」、「竍(デカリットル)」、「竡(ヘクトリットル)」、「竏(キロリットル)」

関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.