FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

「弟」の前に「弔」を入れ、ずれた番号を直す

3年ほど前から取り組んでいる「足し算で学ぶ漢字の学習(小学)」がほぼ完成し、推敲作業に入っています。

この学習書は階段を上るように一歩一歩漢字を学ぶように工夫しました。

そのために小学生では学ばない漢字も学びます。

例えば「免」。この漢字は中学生で学ぶ漢字です。

でもそれを学ぶことによって
日+免=晩、
免+力=勉
というように学ぶことができます。

さて完成が近づいた頃に「弔」という字の存在に気づきました。

弔も中学生で学ぶ漢字です。
それを学ぶことによって
ソ+弔+ノ =弟
ということになります。

「弔」1文字を挿入するだけなら大したことではありません。

ただ完成に近い頃に、漢字全てに番号を振ったのです。
(372)強、(373)弱、(374)弟、(375)第、
というように。

そこに「弔」を入れると、後ろは全部番号がずれていきます。1300番まであります。

それを一つずつ手直しする。
面倒くさがりの僕は躊躇しました。

でも決意して、なんとか終わりました。約1日かかりました。

これからも何か見つからないか、少しヒヤヒヤではあります。

関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.