FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

新型コロナウイルス感染情報の開示読谷村はまだマシな方

これまで新型コロナウイルスの感染者についての情報が不十分だと読谷村を批判してきました。

ところが今朝の琉球新報の記事によると、読谷村はまだマシなようです。

感染者が出た場合、市の名前は公表するようになっているが町村名は普通出していないようです。

しかし読谷村では読谷村から感染者が出たことを知らせるようにしているとあります。

それなら他の町村よりは進んでいるな、と評価したい。

読谷村内から複数の感染者が出たことを知った読谷村民の緊張感は急激に高くなっています。

外出を自粛しようという流れになっている。
マスク姿も多くなりました。
老人会では総会の延期が決定しました。

読谷村が他の町村より一歩進んで正確な情報を発信したのは正解です。

ただもう一歩進んで、どの自治体から感染者が出たのかも発表してもらいたい。

先日老人会の印刷で読谷村座喜味自治会館を訪れました。
感染者について尋ねると、自治会の書記さんも詳しいことは知らないとのこと。

「ただ座喜味から感染者が出ているという噂はよく聞こえてくる。
中には区長さん(自治会長)がかかったようだが大丈夫かと言う電話も。
自治会長は感染してないと答えるとそれでは前の会長のことかなという人もいます」
と言います。

僕の地元では地元から感染者が出ているという噂ですが、他の自治会ではまた自分のところから出ているという噂が流れていないでしょうか。

このような情勢ではみんな自分のところから出ているかもしれないという疑いを持ちます。それがフェイクニュースにつながるのです。

フェイクニュースを駆逐するためには、公的機関から正確な情報を発信する必要があります。

今の世の中いじめや中傷もあるそうです。確かに難しいところ。

せめて学校区の名前くらいは出したらどうだろうか。

関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.