FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

読谷村長による新型コロナウイルス感染の放送について

僕の住んでいる読谷村座喜味には電柱の上などにスピーカーが複数取り付けられています。

4月7日のことだったと思います。
読谷村長自身による新型コロナウイルス感染の放送が、そのスピーカーから聞こえてきました。

読谷村内で新型コロナウイルス感染者が出たことの放送でした。

読谷村長の声による放送ですから聞く方としても緊張感が高まりました。
ほとんどの村民の皆さんがそうだったと思います。

そういう意味で村長自身が放送を行ったのはよかった。

その後も村長の声で何日にもわたって放送があるのですが、どうも最初のものを繰り返し再生しているようです。

その後で感染者が新たに現れていますが、その事についても触れられません。

これではまた同じ放送かと思って聞く気もなくしてしまいます。

その日の感染状況を放送すべきだと僕は思っています。

新たな感染者が出た場合は、もちろんそれを知らせてもらいたい。

感染者が出ないというのもニュースです。
「本日4月15日水曜日、読谷村では新たな感染者はありませんでした」というのも僕らは聞き耳を立てて聞くでしょう。

もう一つ注文です。
スピーカーから聞こえてくる放送は風向きによってとても聞きにくいことがあります。

読谷村長からの放送だと思って聞こうとしても最初のところは逃してしまうことがとても多いです。

最初で感染者が出たことを言ってあと、そして手を洗いましょうや多くの人数で会食はやめましょうなどの注意を促す放送も良いのですが、最後は締めくくる形で最初に述べたニュースを繰り返してもらいたい。

初めの部分で聞き逃した人も、注意して聞いていて最後のところでその情報を得ることができるでしょう。

NHK ニュースなどを見ていると、最初に重要なニュースを述べて、そして一番最後にもう一度繰り返すことがあります。

それを見習って最後締めくくりは新たな情報を流すということをお願いしたい。

関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.