FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

国は借金をしてでもパチンコ店に休業補償を行え!

新型コロナウイルス蔓延防止のため大阪府がパチンコ店に休業を要請したが、それに応えない店があったのでその名前を公表した、というニュースが流れました。

まず最初に断っておきますが、僕はパチンコ店も休業要請に応えて店を閉めるべきだと思います。

ただ店の立場も理解できます。

店舗を借りているならその賃料を払わなければいけない。従業員への給料も。
水道光熱費も。

それからパチンコ台などの設備投資にかけるお金を銀行からの融資で行っていたらその返済もしなければいけない。

店を閉めたら収入は全くなくなるだろうからそれらのお金をどうしたらいいのか。

国からもいくらかはもらえるそうだが焼け石に水でしょう。

無担保無利子による融資もあるようだがそれらは返さなければいけない。

そういうことを考えたら簡単に店を閉めることもできないのだろうと想像します。

休業要請をするならその分を国が補償すべきです。全額は無理にしろ8割程度でも。

企業や個人に責任を押し付けるのではなく国が責任を取るべきです。

ではその財源はどうするのか。
今は緊急の場合です。国が借金をしてでもそのお金を作るべきです。

東日本大震災の時のように後から国民の特別復興税を設けてもいい。コロナ特別税なら僕は喜んで納めるでしょう。

もちろんその前に、アメリカから買わされている武器や飛行機などはすぐに止めてその費用に充てるべきです。
辺野古新基地建設にも莫大なお金がかかるらしい。そのお金も回すべきです。

いろいろ無駄なお金を削って、それでも足りないだろうから国が借金をして補償のためのお金を作るのです。

国の借金が今でも大きいことは知っています。でも緊急事態です。さらに借金をしてでも休業を補償すべきです。

もちろんパチンコ店に限りません。ほとんどの旅館やホテル、そして飲食業者、イベント関係の人たち、芸術家、フリーランスの人たち。
その他おおぜいの困ってる人たちに補償すべきです。

補償しなければ今後次々に倒産するところが出てくるでしょう。経済が回らなくなる。

他の国でも補償をしてないと安倍首相は言うけどもそんなことはありません。ドイツでもイギリスでも行なっています。

補償するから休業してくれと要請されたらパチンコ店も喜んでそれに従うのではないでしょうか。

関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.