FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

アメリカフロリダの友人とビデオ電話

A城君は高校の同期生で Facebook 友達です。

今アメリカのフロリダに住んでいます。
英会話教室やスペイン語教室に通っていますが、この新型コロナウイルス禍で教室は休みになってしまいました。

しばらくして、スペイン語教室でズームによるオンライン授業が始まったとのこと。

彼によると、
これは面白い。個人間のビデオ電話もできるのではないか、
ということで、僕にビデオ電話をしないかとの誘いがありました。

最近は新型コロナウイルスでオンライン会議が増えてズームが使われているというニュースをよく耳にしていました。ただ自分がするものとは思っていなかった。

いろいろやってみたい僕は喜んで了解。
そして昨日ビデオ電話をしました。

とても楽に始めることができて、そして30分ほど楽しい会話を楽しみました。

考えるとすごいことですね。

1964年、東京オリンピックがあった年は僕が小学6年生。
それに間に合わせたのでしょうが、日本とアメリカとの間でテレビの放送が繋がりました。多分海底ケーブルによるものでしょう。

その第一報はケネディ大統領の暗殺だったと思います。

あの頃は、アメリカからテレビ映像を送ると言っても国家間のプロジェクトで莫大なお金がかかったはずです。

そして1968年メキシコオリンピック、僕は高校1年生。
1969年アポロ11号が月面着陸した時、高校2年生の僕はテレビ画面に食いつくように見ていました。

それが今では一庶民である僕が、インターネット環境さえあれば無料でアメリカの友人とビデオ電話ができるのです。

あれからまだ半世紀あまりしか経っていません。
すごい進歩だなあ、と感心します。

これからはどのように変わっていくのでしょうか。楽しみです。できるだけついていきたい。

関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.