FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

この歳で やってどうする リハビリを

毎週日曜日、琉球新報に作家五木寛之さんのコラムが載ります。楽しみに読んでいます。

しばらく前にそこで三つの川柳が紹介されていました。

この歳でやめてどうする酒タバコ
この歳で貯めてどうするものとかね
この歳でやってどうするスクワット

1句目は誰かが詠んだ句。それをまねて3句、4句は五木寛之さんが作ったのです。

それを読んで亡くなった義理の父親を思い出しました。

義父は90歳を目の前にした時脳梗塞で倒れましたが、幸い症状は軽くしばらくして退院しました。

そして理学療養士が来て自宅でリハビリが始まりました。

しばらくはうまい具合にリハビリが進んだようです。

数日後、理学療養士の人が青ざめた顔で義父の娘である妻に
「もう来なくてもいいと言われました。私は何か気に障るようなことを言ったのでしょうか」と言います。

僕らは義父の性格はよく知っています。90歳を目の前にして、それこそ
この歳でやってどうするリハビリを
と思ったのでしょう。

自分の死のことも冷静に考えて、僕らとも淡々と話す人でした。

僕らも義父の気持ちは理解できます。自分の死を受け入れていました。もうすぐ死ぬのに何を今更、と思っているのですね。

それで無理強いはせず、理学療養士にも遠慮してもらいました。

僕はまだ「この年齢で」というほどの年でもありません。しばらく生きなければいけないでしょう。

まだ永い やり続けよう スクワット

関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.