FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

データの読み方は別にもある

最近次のような広告が新聞に何度か出されました。


子の「なんで?」新聞に答え
「子どもの疑問に答えられている」購読者が11ポイント高く
子どもに「なんで?」と聞かれるたび対応に困る親も多いだろう。そんな時、新聞が役立つかもしれない。「子どもの疑問に答えられているか」という設問で、購読家庭と非購読家庭の間に11ポイントもの差のあることが明らかになったのだ。新聞を通して多様な情報にふれることで、疑問に答える力が磨かれるのだろうか。日々新聞に目を通すことで、子どもとの関係を深めることができるとすれば、思いがけない収穫である。

この広告を出しているのは「新聞科学研究所」です。

この広告を見てどう思いましたか。

新聞を読んでいると、子どもの疑問に答えられるようになる、ということでしょうね。

そして新聞を購読しようと思う様になる。

このデータは本物だと思います。

ただデータを読むときにはいくつも読み方が可能です。

僕はもう一つ別の読み方が思いつきました。

それは、もともと子どもの疑問に答えることのできる親は、新聞を読む傾向が高いということです。

そうすると新聞を購読しても、子どもの疑問に答えきれるようにはならないかもしれません。

また疑問に答えられる人が新聞を読むようになり、そして更に答える力が身につくということもありえます。

とにかくデータから単純に一つの結論が導き出されるわけではないということ。

この広告主も科学研究所というくらいですから、そのことは知っているのでしょう。
断定はしていません。

しかし別の見方もあることは示さず、新聞を購読する方向に導いているのですね。

関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.