FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

湿度と気温の理解のために
 湿度は気温にとても関連しています。しかし,それは理解しにくい。それで,次のような例えを考えました。

[ アイスクリーム屋の席 ]

【問1】 通仁さんはアイスクリーム屋をしています。
席数は40席で,今お客さんが30人座っています。
客数は,満席数の何%ですか。

【問2】 アイスクリームは気温が高いときには,よく売れますが,低いときにはあまり売れません。通仁さんは,気温によって席の数を変えることにしました。使わない席はない方が掃除などで便利なのです。
 いまの気温は20℃なので,席数は30で,お客は15人です。
客数は,満席数の何%ですか。

【問3】 通仁さんは難しい言葉が好きです。そして満席のときの人数を飽和客数ということにしました。飽和というのは、もうそれ以上入らない状態のことです。また、
そして、気温と飽和人数を次のようにすることにしました。

(気温と飽和人数)
気 温 (℃)  -5 0 5 10 15 20 25 30 35
飽和人数(人)  3 5 7  9 13 17 23 30 40

(1) いま気温が10℃で、お客が7人います。
 飽和客数に対するお客の数の割合(%)は
 いくらですか。(四捨五入整数で)

(2) いま気温が35℃で、お客が20人います。
 飽和客数に対するお客の数の割合(%)は
 いくらですか。(四捨五入整数で)


{ジオログ: 2007年12月9日(日) から引っ越し}

関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.