FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

分配法則の導き方
 小学4年の分配法則の導き方を紹介します。これも水道方式の問題集にあったものに少々手を加えたものです。とてもいい教え方だと感心したものです。


【問1】 次のタイルの数を、(1) (2) の2通りの方法で求めましょう。
分配法則(和)


(1) (ア)(イ)それぞれのタイルの数を求めてから、全体の数を求めましょう。   {□に数字,○に記号(+-×÷)を}

式            答え(     )



(2) 大きな長方形の横の長さをもとめてから、全体の数をもとめましょう。

式            答え(     )



  【問1】の(1)(2) はもちろん同じ答えになりました。つまり、
   6×7+6×4 と 6×(7+4)は同じ意味だといえます。
 このように、次のような計算のきまり(分配法則といいます)があります。


 (次は,ひき算の分配法則です)

【問1】 次の黒くぬられた部分のタイルの数を、(1) (2) の2通りの方法で求めましょう。

分配法則(差)


(1) 全体のタイルの数を求め、(ア)のタイルの数を求めて、その差を求めましょう。
   {□に数字,○に記号(+-×÷)を}

式            答え(     )



(2) 色のついて長方形の横の長さをもとめてから、数をもとめましょう。

式            答え(     )



  【問1】の(1) (2) はもちろん同じ答えになりました。つまり、
   6×11-6×7 と 6×(11-7) は同じ意味だといえます。


関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.