FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

宿泊者と一緒に拝所巡り

今ポルトガル人の女性が泊まっています。 京都に住んでいて、京都の大学と沖縄科学技術大学院大学(OIST)で人類学を教えている人類学者だそうです。

日本語の勉強もしたいということもあり、僕らと2度おしゃべりの時間を持ちました。

沖縄の宗教や言語、そしてノロやユタ、神や魂など、かなり難しい話題になりました。

面白い話題です。ただこんな話をするには僕の英語力は貧弱だと痛感しました。

僕のすぐ裏の家は、琉球王朝時代にノロをしていた人の家だそうです。もうノロはいないのですが、その拝所(ウガンジュ)は今でも生きていて、しばしば拝みに来る人がいます。

その話をすると、是非見たいとのこと。

それで3人で訪ねました。 隣なので親しくしています。前もって訪問することを知らせておきました。

自由に見ていいとのこと。 ノロの家の拝所を見るのは僕も初めてです。

妻がその裏には根神殿内(ニガンドゥンチ)があるとのこと。 そこも訪ねました。

そこでは家主のKさんががきて、いろいろ説明もしてくれました。

玉城から夫婦の神が座喜味にやってきた。しかしその夫婦の神には子どもが出来なかったので、今帰仁から夫婦が呼ばれた。 その子どもたちの子孫が座喜味の人だというようなことでした。

色々話してくれましたが、僕の通訳では、彼女にどれだけ理解できたかな。

その隣は根神殿内の分家マチグヤ(松呉屋)で、そこも拝所になっています。そこも見せていただきました。

それから少し離れたところに神アサギがあります。そこは玉城の神様が降り立って爪痕が残っている所だとのこと。

神アサギは僕の家の屋敷のすぐ隣です。
彼女はぼくに向かって
「あなたは神様を信じないけど、神様が隣であなたを見守っているんだね」と言って笑っていました。

座喜味に住んでもうすぐ40年になります。 しかし座喜味の拝所を見るのは初めて。 宿泊客のおかげで良い経験をしました。

関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.