FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

鏡に映る虚像なしで反射点を求める

昨日は「鏡に映る虚像はなぜ線対称か」の質問メールへの回答で、
虚像は結果であるが、作図がしやすいので先に描くということを書きました。

 では虚像を使わずに反射点を求めるにはどうすればいいのか、考えてみました。

次の図のように物体が A の位置にあり鏡から30cm のところ。
そして目の位置は鏡から45cm 離れた点でBとします。
A 点から鏡に垂直に下ろした点をA’ 、そして B点から鏡に垂直に下ろした点を B’ とします。
そしてそのA’と B’の距離は100cm とします。
反射点を求める
さて反射点はわからないのですが、鏡上にある点Rとします。

入射角=反射角なので、∠ ARA’= ∠ BRB’ になりますね。
入射角そのものが∠ ARA’ではないのですが、そこの説明省略。
反射点を求める2
2つの角が等しいので、△ARA’ と △ BRB’ は相似になります。詳しい証明は省略。

AA’=30 cm、 BB’=45cm なので、AA’: B B’=2:3です。
相似なので、 A’R:B' R も 2:3になりますね。

A’R を x、B’Rをy とすると、
x:y:100=2:3:5

それを解くと
X =40cm, y=60cm
になります。

つまり、 R の点はA’から40cm 離れたところということで求めることができました。

できないことはありませんが、少し面倒ですね。
やはり虚像から描いた方が楽です。

反射は中学1年理科で学びますが、相似は中学3年数学で学びます。中学1年生にはできないかな。

関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.