FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

宿泊客とスリッパ

アメリカにいるFB 友達の記事に

雨の日に衛星アンテナの設置に来た工事の男性に家の中では靴を脱いでくれるように頼んだら拒否されたことが書かれていました。

日本では家の中に入る時には靴を脱ぎますが、西洋では靴のままです。

その靴を脱ぐという習慣がないので、日本人の家に来ても脱ぐことを拒否したのですね。

小さな一部屋の宿泊業をしています。
僕のところに泊まる客は、日本では家の中で靴を脱ぐというのは情報として知っているのでしょう。 みんな自然に靴を脱いで上がってくれます。

ただスリッパは少し違いますね。

玄関を上がる時にスリッパを勧めると、かなり躊躇するのです。
最初はよく理解できませんでした。

日本人の来客者にスリッパを勧めるのは常識でしょう。そのままあがらせる方が少しおかしいかも。

病院などの公共施設でもスリッパが準備されています。

ただ妻によると
「私も他の所で誰が履いたかわからないようなスリッパを履くのは嫌だ」と言います。

「靴下を履いているならまだいいけど、素足では他の所でスリッパを履きたくはない」といいます。

僕は野蛮にできているのでしょう。そういうことを考えたこともありません。

外国の宿泊者は他人のスリッパ履物を履くというのが嫌なのでしょうね。

自分で持ってきたのを利用したり、そして100円ショップかそこらで買ってきたのを使ったりしているようです。

僕も最近は特に勧めることはしないようにしています。

そういえばスリッパは日本が発祥らしいですね。以下は Wikipedia から。

開国により西洋人が多く日本に訪れるようになった明治初頭、室内で靴を脱ぐ習慣の無い西洋人が土足で屋内へ入り込む問題が発生し、それを解決するために仕立て職人である徳野利三郎が1907年(1876年という説もある)に発案した上履きが、現在のスリッパの原型であると言われている。

関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.