FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

Google Keep が Google 翻訳に

スマホでメールやLINEなどで、英語の文を書くことがあります。
そういう時には Google 翻訳をよく使います。難しい単語もすぐ出るし、スペルの間違いもなくなるのでいいです。

ただ長い文を作るときには Google 翻訳に直接作るのは面倒です。 Google 翻訳の枠が小さいからです。

これまでは、長い文を作るときには Google Keep で文を作り、そしてそれをコピーして Google 翻訳に貼り付けて翻訳させてきました。

ところが先日 Google Keep で文を作って選択しようとしている時に、 Google Keep ですぐに翻訳ができることに気づきました。

それ以後は Google Keep で長い文を作り翻訳をして、すぐにメールや LINE などに貼り付けて送っています。

やり方を簡単に説明します。
日本語で長い文を作ります。 主語をきちんと入れて英語らしい文にします。

出来上がった文の一部(どこでもいいです)を指で長押しします。 するとそこが選択された部分として色が変わります。

その時上の方に、「切り取り コピー 貼り付け」の語句の横に「・」が三つ縦に並んだのが出てきます。それをタップします。

そして「全てを選択」をタップ。 文全ての色が変わります。そして再度「・」が縦に並んだものをタップ。 「翻訳」が出るので、それをタップ。するとそこで翻訳ができます。 その時に翻訳される言語を選択することもできます。

そして「・」が縦に並んだものをタップしてコピー、そしてメールや LINE に貼り付ければいいのです。

Google 翻訳のアプリを使うことなく翻訳ができます。 ちょっとしたことですが、便利です。

関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.