FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

関係代名詞の導入
 mixi「授業の工夫」に次のような質問がありました。

中学3年生の英語に『関係代名詞』って出て来ますよね?!
ここの教え方に大変苦労しております…

みなさんはどの様に指導されているのでしょうか??

御意見お聞かせくださぃ。


( それにぼくは次のようにコメントしました。)

 ぼくは,「たのしい英文法」にある説明を採用しています。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4883221024?ie=UTF8&tag=selfyoji-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4883221024

「僕は犬を飼っています。その犬は速く走ります」は
I have a dog. The dog runs fast.

二つの文をつなげてみます。
「僕は犬を飼っています、そして、その犬は速く走ります」
I have a dog and the dog runs fast.

  この文ではdog が繰り返されています。
  that には、「(すでに前に述べられた事物を受けて)それ」という意味もあります。 それで、 the dog の代わりに that を用いてみます。

「わたしは犬を飼っている、それは速く走る」
I have a dog and that runs fast.

この that が数百年前になって、 and の役目もするようになりました。

つまり、 and がなくても that だけで文をつなげるようになったのです。それで、
I have a dog that runs fast. となりました。

この that は二つの文を関係づけ結びつける接続詞 and の役割もしています。つまり、2文を関係づけ、代名詞の役目をするもので 関係代名詞 (かんけいだいめいし)といいます。

人の場合も同じく関係代名詞の that で結び付けることができます。

つまり、
I know the girl. She is singing a song.は 関係代名詞を使うと、
I know the girl that is singing a song.
「私は歌を歌っている少女を知っている」になります。

その後,who, which などに入ります。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.