FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

プログラム学習英語,教科書とのずれ
 まきまきさんから,英語プログラム学習についての質問がありました。

 まきまきさん,ありがとうございます。2回に分けて回答いたします。

 こんばんは。教える立場の私自身も先生の英数の問題集を毎日楽しくやっております。特に英語の説明文の言い回しは可笑しくて吹き出してばかりですが・・・^^

 今頃気づいたんですが、中1と中2は「中1、中2レベル」と表示されてるからか中1や中2でやる内容全ては入ってないですよね?もしかして教科書別で範囲が違うのかもしれませんが・・・^^;

(Yojiの回答)
 教科書の内容と異なるところが多いですね。最初のころは教科書に一応合わせたつもりですが,改訂になってずれが大きくなっています。

 一番大きいのは,過去の文をいまは1年で習いますが,ぼくの本では2年になっているところでしょうか。there is(are) は逆に1年から2年に上がっているようです。(ぼくは教科書を定期テスト前にちょっと見るだけなので正確かどうか自信はないのですが)
 1年の範囲はていねいにていねいにやらないと分からないので教科書よりかなり詳しくなっていると思います。

 ぼくは教科書を意識するよりも,生徒達が英語の力をつけることを重視しました。それで,教科書からずれていてもほとんど気にせずに作ってきたので,教科書とだんだんずれが大きくなっていると思っています。

 ただ,便宜的に1年,2年,3年と分けてあるような感じです。最終的には現在学校で学ぶ範囲は網羅していると思います。細かい慣用句や表現は別ですが。
 また,現在中学範囲ではない,関係代名詞のwhom,時勢の一致なども入っています。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.