FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

竹内久美子さんについて
 竹内久美子さんについて書きます。

 まずは,きのう紹介した「進化論の挑戦」からの引用です。


 人間の浮気はもとより嫁姑の対立からギャンブル好きまで、ほとんど何でも「遺伝子の繁殖戦略」で歯切れよく説明する科学啓蒙書を次々と出版しているのが、フリーライターの竹内久美子である。明らかに優生学に近いその内容や、君主制を賛美し、レイプを擁護する発言に心ある人は眉をひそめ、専門家は「科学的な根拠のない思いつきに過ぎない」と批判を繰り返している。しかし、彼女の本は、広範な読者を獲得した。一説ではー〇万部から二〇万部売れたものもあるという。ぼくのこの本より、確実にー〇倍以上多い部数である。

安直な生物学的決定論がもてはやされるという事態は、アメリカでも似たようなもので
ある。あるいは、もっとひどいかもしれない。



 ぼくが最初に竹内久美子さんの本に出合ったのは,その代表作『そんなバカな!-遺伝子と神について』。友人のYoshihiroくんのすすめでした。
 おもしろかったです。とても。利己的遺伝子の概念がおもしろかった。

 それで,竹内久美子さんの本を二冊ほど続けて読みました。二冊目,三冊目からは,行き過ぎだよなあ,そんなことまで言えるのか,という想いがありました。それで,それ以来読んでいません。

 今回,上の記述に触れ,ああやっぱり批判はけっこうあるんだ,ぼくの判断は間違っていなかったんだと思っています。

「そんなバカな」にもこのような行き過ぎはあったかもしれません。それはぼくは見抜けなかったですね。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.