FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

文法用語について

 ヒカリさんからコメントをいただきました。ヒカリさんありがとうございます。

 文法用語についてこの機会に考えてみたくて,一つの記事にしました。


名と実
Yojiさん
いつも勉強になります。ありがとうございます。
私はto~はとか、have+p.p.は~、という言い方をします。これなら訳語に惑わされることがないという理由からです。

形、意味(~してしまった、内容(過去にはじめたことが今終わっている。)は重要でも、文法用語はたいせつではないと感じております。

呼ぶとしたら過去現在とか連過現在の方がたしかに実体に近そうですね。

コンコルド勉強になりましたV(^-^)V



 そういう考えもまたいいと思います。つまり,文法用語をできるだけ使わないという立場です。

 実際,ネイティブの方は文法用語を知らないことが多いです。だいぶ前にアメリカ人と話して,文法のことを話したら,「あなたの方がよく知っているね」と言われました。

 変な用語を使うよりもいいでしょう。

 ただ,ぼくは日本人が英語を学ぶときに,実体を表した適切な文法用語だと学習のプラスになると思っています。概念化がしやすいのです。
 また,ぼくの本が索引をかなり重視したものだからでもあります。 

 ぼくのテキストでは練習問題は,和文英訳が主です。

 「あなたは野球をしますか」を和文英訳するとします。

 ぼくのところに間違い直しに来たとき

「この文は何動詞の文?(be動詞の文なのか一般動詞の文なのか,のこと)」
「この文は何文? (平叙文,否定文,疑問文の中から答えます)」
「これは基本? 三単現?」

 それを判断しないと和文英訳はできません。それができるのは,be動詞,一般動詞,平叙文,否定文,疑問文,三単現 などの文法用語が分かるからです。それがあるとぼくも説明がしやすいのです。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

is の s
ヒカリさん,ぼくも何かの本で読んだときは,
 おもしろいなあ,と思いました。
| URL | 2008/11/11/Tue 11:26[EDIT]
s
isのsには気付きませんでした。Yojiさん、ありがとうございます。
ヒカリ | URL | 2008/11/10/Mon 23:32[EDIT]
ヒカリさん,ありがとうございます
 ヒカリさん,コメントありがとうございます。
 文法用語に関して,特に小さい子にはできるだけ使わない方がいいとぼくも思います。
 三単現のsですが,be動詞はisになるから,ほらsがついているでしょう,と教えています。
| URL | 2008/11/10/Mon 16:59[EDIT]
文法用語
3単現のSという概念も、「一般動詞の~」がないと本来は誤用ですが、いまの日本英語文法体系はこんなのだらけです。

主語がhe、she、itまたはそれに変えられる?で私はおしています。
ヒカリ | URL | 2008/11/10/Mon 13:32[EDIT]
文法用語と概念化
Yojiさん
こちらこそありがとうございます。
小学生に中3や高校英語を教えるときに文法用語があまりに無意味だったので、動詞(←この言葉はつかいます)はbe?それ以外?。肯定する文?否定する文?たずねる文?といった感じでひたすら文法用語なしでおしています。また私はいまランゲージスクールの中学生なども教えていますが文法用語は混乱のもとになるようです。
逆に小学生の側から用語が出たら私が学んでそれをつかってその子には説明しています。ただどうしてもSVOCだけはつかっています。私はmixiをやめているのでいつもコメント欄から失礼します。
追記.文法用語自体は私自身はロイヤル英文法を何回も読み込んだ文法オタクです(笑)Yojiさんの英語の御本も全ページ拝読しております。たいへん勉強になりました。
ヒカリ | URL | 2008/11/10/Mon 13:29[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.