FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

「ます」がつけば一般動詞
 英語では,be動詞と一般動詞(ぼくはdo動詞と呼んでいる)をきびしく区別することが必要です。
 ところが,入門期の生徒には,それがかなり難しいようです。

 I am like apples. なんてやるのがざらです。

 だから,be動詞と一般動詞はそのまま同じ文には使えないよ,と繰り返し注意しています。

 ぼくのテキスト「プログラム学習英語」の練習問題は和文英訳になっているので,日本語を読んで,be動詞の文なのか一般動詞の文なのかを判断しなければなりません。いろいろやってみました。
 一年ではbe動詞は is, am, are だけで,その他の動詞はすべて一般動詞だ,たくさんある。 run(走る),play(する),write(書く)などで, 主語の動き,状態などをあらわす。

 でも,なかなか理解してくれません。

 それで,最近思いついた説明法。いま数人にそれで教えていますが,けっこう理解しやすいようです。最近思いついたので,ぼくのテキストにも書いてありません。

 「文末(文の最後)の部分に,『ます』をつけて自然になるのは『do動詞(一般動詞)』だ」

 というもの。

 「私は勉強する」に「ます」をつけると,「私は勉強します」不自然ではないね。だから,この文はdo動詞の文。
 「彼は本を読む」→「彼は本を読みます」(do動詞)
 「彼は詩を書く」→「彼は詩を書きます」(do動詞)
 「彼は考える」→「彼は考えます」(do動詞)

 「空は青い」 これに「ます」をつけると,「空は青い・・・ます」????
 「ます」はつかない。だからこの文は「be動詞」の文。


 疑問文,否定文の場合は,平叙文に直してから考える
 「彼は本を読まない」→「彼は本を読む」→「彼は本を読みます」(do動詞)
 「彼は本を読みますか」→「彼は本を読む」→「彼は本を読みます」(do動詞)

 
 ただし,例外はあります。これは日本語と英語の単語の品詞の違いです。

 「好き(like)」には,「ます」はつかないが, like はdo動詞

 「私は疲れている」は,「疲れています」になるが,tired(疲れている)は形容詞なのでこの文はbe動詞の文になる。

 like の品詞は動詞です。だから,日本語訳を「好む」にすれば,「ます」はつきます。
 「私はリンゴがすきです」→「私はリンゴを好む」→「私はリンゴを好みます」
そう考えると例外とは言えません。ただ,like は「好きです」でよく出るので「好む」とするより「好きです」はdo動詞と覚えさせた方がいいでしょう。

 tired は形容詞ですが,日本語の「疲れる」は動詞です。だから例外になります。tired を日本語の形容詞で表せればいいかもしれませんが,うまく対応するのを思いつきません。

 このような日本語と英語の違いはあります。だから例外はまだあるでしょうが,一応

 「文末(文の最後)の部分に,『ます』をつけて自然になるのは『do動詞(一般動詞)』だ」
 という説明はうまくいきそうです。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

 ヒカリさん,いつもコメントありがとうございます。

 存在のbe動詞は,確かに「ます」がつきます。ご指摘の通りですね。
 ぼくのテキストでは,「ある」「いる」は,単語帳からすぐ is, am, are が出てくるので,それほど生徒も悩まないので,ぼくもあいまいになってしまいました。

 進行の文では,ing を「~しているところ」,受動態の文では,過去分詞を「~されている状態」としているので,「です」が出てきます。少し無理矢理ですが。

 ただ,ご指摘はそのとおりだと思います。
Yoji | URL | 2008/11/14/Fri 23:19[EDIT]
ます
Yojiさん
いつも勉強になります。説明法を探すのは楽しいですよね。

日本語でも動詞と「ます」の関連は強いですよね。こちらは例外はまだ見つかりません。

英語では「私はここにいるよ」は「います」ですが、同じくamです。
また、am,is,areは完了や受身や進行でも使われるので、「動いています」などなってしまいますね。
ヒカリ | URL | 2008/11/14/Fri 13:58[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.