FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

小さい正の数から大きい正の数を引く意味
(+3)-(+5) のような小さい数から大きい数を引く計算の意味を考えてみましょう。

 3から5はひけないではないか,と普通考えます。

 たぶんほとんどの教師は,引き算はたし算に直し,引く数の符号を変えるのです。そのように覚えましょう,ということで意味の説明はしていないのではないでしょか。もちろんそれでできます。できればいい,というならそれでいいのですが,やはりなぜそうなるのか,教えてあげたいです。

 ぼくは次のような説明をします。

 財布の中に3万円入っています。5万円のものを買いたい。だから,さいふから5万円とりたいのですが,3万円しかないのでとることはできません。

 どうしますか。2万円借金するのです。2万円借金するとさいふのお金は5万円になりました。その5万円をさいふからとって,5万円のものを買います。さいふには何がのこるでしょうか。2万円の借金ですね。

 だから,

 3万円-5万円=3万円+{2万円+(-2万円)}-5万円=-2万円 になるのです。

 なお,これはけっこうめんどうな理屈で,中学生には難しいです。だから,100%の理解はなくても,ぼくは先に進みます。

 ぼくのテキストのそのページをPDFファイルでアップしました。
 ご覧になりたい方は,次の「PDFファイル」をクリックしてください。
そして,次に「4小さい正の数から大きい正の数を引く意味 」をクリックし.そして「ファイルを開く」をクリックしてください。

PDFファイル
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.