FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

活用しないのに助動詞
 国文法へのグチをいくつか書きました。書いているうちに思い出すものです。きょうも書いてみます。

 助詞と助動詞のちがい分かりますか?

 助詞も助動詞も付属語ですが,助動詞は活用があるが,助詞は活用がない,ということで区別されるのです。

 さて,
 推量・意志の助動詞「う」「よう」は,終止形,連体形だけしかありません。連体形も「う」「よう」で,活用しません。打ち消しの推量・意志の「まい」もそうです。
 文英堂の「くわしい国文法」には,無変化型とあります。

 どうですか。活用がなければ,助詞ではないか,と思うのですがどうでしょうか。

 長い間,そのように思っていて,国文法はめちゃくちゃだとぐちっていました。

 でも,これには訳があったのです。
 何で読んだのか忘れましたが,

 これらの助動詞は文語では,ちゃんと活用があったのだそうです。

 「う」は文語では「む(ん)」だったのでしょうか。古典はまったくだめなので検索してみたのですが,自信ありません。

 「む」は,「む・む・め」と活用します。だから助動詞。それが変わって「う」になり,そして活用がなくなった。しかし,助動詞としての分類だけが残った。

 そういうことなのでしょう。
 だから,まあそれはしようがないかな,と思います。活用がなくなったのだから助詞ということにしましょう,というのもひとつの手かもしれませんが,それもどうかな,と思います。

 ただ,そういう説明はぜひして欲しいです。ぼくのような理屈っぽい人間には,理屈が通らないと頭に入らないので。
 

 ブログの国語に関する記事をまとめました。

関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.