FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

can と be able to
can と be able to もとてもよく似ていて,書き換え問題によく出題されます。しかし,これも違いがあるのです。

 今回もVista英和辞典から(p7)
 なお,ヴィスタ英和辞典はこのような説明がとてもていねいです。おすすめですよ。

 さて

 can は「できる条件がある」か「能力がある」という意味で使います。どちらの意味になるかは前後関係によってきまります。

 一方
 be able to は,「能力がある」という場面にしか使えません。


 私のテキスト(英語プログラム学習中1レベル,中2レベル)では,
 can は「できる」 be able to は「~する能力がある」と区別しています。





{ ジオログ: 2007年12月19日(水) から引っ越し }

関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.