FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

0÷0 
 次に 0÷0 を考えてみました。

 犬がいます。足が12本。犬は何匹?  12÷4=3 3匹

 犬がいます。足が0本。犬は何匹?  0÷4=0 0匹

 へびがいます。全部で足は0本。 へびは何匹? 0÷0

 へびが1匹でも,全部で足は0本

 へびが2匹でも,全部で足は0本

 へびが3匹でも,全部で足は0本

 つまり,1匹でも,2匹でも,3匹でも,4匹でも・・・・・・ 何でもいいのです。それだけでは何匹いるのか分からない。定まらないのですね。

 だから,0÷0=不定 ということになります。

 1÷0 の場合は,問題をたてる段階から間違えている。 だから,1÷0=不能

 0÷0 は,どんな数でもかまわない。だから,0÷0=不定 

 
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.