FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

セルフ塾の英検2次の指導
 自慢になりますが,セルフ塾の英検2次試験の合格率はほぼ100%です。

 1次試験に合格した力のある生徒が挑戦する,というのもあります。でも,2次試験に向け,セルフ塾で行う練習もかなり効果があると思っています。練習期間はわずか1週間です。1次試験の合格が分かってから2次試験までおよそ1週間しかないからです。

 特に変わったことをしているわけではありません。
 ぼくも昔々英検を受検したことがあるので,その経験を話しながら,2次試験の様子をできるだけ詳しく話してあげます。試験の流れは,過去問題集にあるので,それを読みながら解説を加えます。
 そして,過去の問題をやるのです。ぼくが試験官になって時間を計って黙読させ,そして音読,質問をします。合格者が複数の場合はぼくの周りにいっしょに座らせ,音読,質問を交代でさせます。
 すべて終わってあとで,音読のときの発音,そして質問に対する誤りを指摘し,正解を教えます。

 発音はそれほど気にすることはありません。カタカナ読みでも大丈夫です。2級以上の指導はほとんどないので,準2級までのことですが。
 「読めない単語があったら適当にローマ字読みでいいからよむこと」と指導します。

 質問が聞き取れない場合は「Pardon?」と言ってもう一度質問してもらうこと。でも安易にそれを使ったら減点になるよ,ということも付け加えます。

 このようなことを繰り返す中で,子どもたちの反応もとてもよくなります。1回目をやった段階では,不合格だなあ,と思う子が,最期にはこれで大丈夫だと思えるようにまでなります。

 英語の力がこんな短期間につくわけではもちろんありません。問題に慣れてくるのですね。英検は似たような問題が繰り返し出てきます。だから前にやったものだ,ということで答えきれるようになるのです。

 不安を軽減するということでも役にたっているでしょう。英語の面接ということで子どもたちはとても不安に思っています。しかし,練習をするうちに,ああこんなもんか,と思うのでしょうね。不安はまだあるでしょうが,最初のころよりだいぶリラックスしてくるようです。

 このような指導ができるのは,セルフラーニングのおかげではないかと思っています。クラス全員が同じレベルの英検を受けるということはありえません。一斉授業の中で英検の,特に2次の指導は無理だと思います。英検の指導を行うとしたら課外授業として行うのでしょうね。他の塾のことはよく分かりませんが。

 セルフ塾の場合は,課題を変えて英検2次の課題を通常の時間に行うことができます。他の生徒はいつもの課題をし,英検の勉強をする人は少し時間割を変えて英検の勉強をするのです。


 
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.