FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

3年生のみたセルフの教材(祥子,宗一郎,斎)
 中学3年生のみたセルフ塾の教材の2回目です。




セルフ塾の教材は、意外と私に合っていたんじゃないかな
S久本 祥子  
 私がセルフ塾の教材を約2年間使ってみて1番感じた事は,もっと早い内から使っていれば良かったということです。特に、英語の教材に関しては、やり残した分が気がかりです。
 セルフ塾の英語は、2年生の時に入塾しても3年生の時に入塾しても、1年生の英語から進めていきます。2年生の6月に入塾した私は、塾を休むこと事が多かった所為もあり、今でも2年生の教材を終わらせる事ができていません。しかし、英語は、数学と同じくらい苦手でしたが、セルフ塾の教材で少しずつ勉強していくうちに、ちょっとだけ理解できるような気分になっていたので、ちゃんと毎日塾へ行って、3年のものまで進めれば良かったと、後悔しています。
 英語が正直嫌いな私でも、少しずつですが進めることができたセルフ塾の教材は、意外と私に合っていたんじゃないかと思います。




英語は,1番めんどくさくて、1番難しいけれど1番実力がつく教材
M田 宗一郎  
 僕は、セルフ塾の教材について注目をおいたのは英語です。これは、セルフ塾の教材の中で1番めんどくさくて、1番難しいけれど1番実力がつく教材だと思います。
 この教材は、文法など細かい所まで勉強できます。その分、1紙1紙が大きめの紙で、それが重なって、大きく太いサイズであるのが特徴です。しかも、それは1年単位のものなので、中学1年生用、中学2年生用、中学3年生用と、合計3冊もあります。
 こんな大きい英語の教材には、メリットとデメリットがあります。メリットは、細かい分、自分の力になるし、理屈がしっかりわかるということです。逆にデメリットは、内容が多い分とても時間がかかるということです。しかし英語をしっかり覚えたいという人であれば、おすすめの教材だと思います。



しっかりと解き方も教えて例題や応用問題をさせる
N島 斎  
 僕が思うセルフ塾の教材の良い所は、1人でできるという所です。セルフ塾では自分で学習が進められるように工夫されています。例えば数学では庸次さんが考えた田の字や曲の字計算がのっています。とくに田の字計算は、速さ・圧力。密度など理科にも応用できます。セルフ塾の教材は、まずしっかりと解き方も教えて例題や応用問題をさせます。なのでしっかりと学ぶ事ができたと思っています。
 僕は、小学校5年からこのセルフ塾に入ってずっとここの教材でがんばってきました。もしかしたら今の僕があるのはセルフ塾の教材があったからだと思います。
 ありがとう庸次さん、ありがとう京子さん、ありがとうセルフ塾の動物たち、ありがとうセルフ塾、ありがとう。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.