FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

ほうびは後で与えるもの
 先日,A香さんのお母さんが相談にみえました。

 その相談ごととは別の話ですが,
 ぼくに「ほうびは後であげるものですよ」と言われたことが,とても勉強になったと言っていました。

 それは,次のような話です。

 A香さんはまじめな子でほとんど休まずに塾に通っています。お母さんが塾は休まず行くものだという姿勢を貫いているからかもしれません。

 修学旅行の前,A香さんがお母さんに頼んだそうです。
「お母さん,修学旅行の準備をしたいから,きょうは塾を休んでいいでしょう。次のテストでがんばって50番以内に入るから」

 お母さんは,迷いながらも同意したそうです。そして,欠席届の電話を塾にしました。 そのときに,ぼくは,
「分かりました。もう決めたことでしょうから。でも,ほうびというのは,後であげるものですよ」と答えました。

 お母さんはそのときの言葉がとても心に残ったそうです。
 A香さんの弟は,「テレビ見ていい?見たら勉強するから」というようなことをよくお母さんと約束するようです。しかし,守らない。
 ぼくとの電話のあと,それを逆にしたら,勉強するようになったとのこと。


 Nくんとおばあさんの話です。Nくんにお母さんはいるのですが,基本的におばあさんが世話をしています。おばあさんは,小学校の校長もやった人です。

 孫のNくんがおばあさんに頼みました。
 「コンポ買って。塾は休まないで行くから」

 おばあさんは買ってあげたそうです。もちろん,塾は休みが続き,結局退塾しました。


 このように,ほうびを先に与えているようなことは子育てにおいてよくやっているのでしょうね。

 「ほうびは後であげるもの」

 です。

 子どもが「○○するから□□して」という場合,

 先にほうびをあげてはいけません。それではほうびにならないのです。

 子どもの行動を先にして,ほうびを後にします。

 「塾に休まず行くから,コンポ買って」と言う場合,

 コンポの値段をはっきりさせます。そして,それに見合う塾へ通う日数は何日くらいか決めます。例えば30日としましょう。それはある程度主観です。

 それが決まったら,子どもと契約します。もちろん口約束でいいです。

「では,30日間塾に通ったら,コンポを買ってあげるよ」

 そして,カレンダーに行った日をしるしていきます。30日にしるしがついたらコンポを買ってあげましょう。
 このように行動の後でほうびがあると子ども(大人も)はやる気が出るのです。


 「ものでつる」ということに抵抗を感じる人もいると思います。
 ぼくは,ケースバイケースで,ものでつることも必要なことがあると思っています。それについては,何かの機会に。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Re: ご褒美
 ヒカリさん,同感のコメントありがとうございます。
 子どものモチベーション,大切ですね。
selfyojji | URL | 2009/04/17/Fri 17:01[EDIT]
ご褒美
Yojiさん

同感です。

がんばったら後からご褒美があるというのはモチベーションをあげるのに役立つと感じました。
ヒカリ | URL | 2009/04/13/Mon 23:28[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.