FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

蒸散の実験
 中学1年生のSeiryuくんは,生物の蒸散を学んでいます。次の問題が分からないといってやってきました。

【問6】次の実験の結果を予想してみましょう。
  ①ついている葉の大きさと枚数が同じ枝を4本用意します。
  ②Aは,葉の表に,Bは葉の裏に,Cは葉の表と裏に,ワセリンをぬります。
   Dにはワセリンをぬりません。
  ③それぞれの枝を,同じ量だけ水を入れた試験管に立て,油をたらします。
   油が浮いていると,水面からの蒸発を防ぎ,蒸散量を正しくはかることができます。
jousan.jpg


 さて,ここで質問です。数時間たって水の減った量を調べます。
A~Dを,水の減り方の大きい順に並べなさい。残った水量ではないですよ。

(   )>(   )>(   )>(   )

 

 じっくり考えないと難しい問題です。

 まず,ワセリンをぬると,気孔(出入り口)がつまることを確認。
 気孔から蒸散すること。蒸散の意味も確認。

 そして,
 「葉の裏と面で気孔はどちらが多い?」と質問し,裏に多いことを確認。Siryuくんは答えきれました。

 「では,このような図を4つ描きなさい」と言って,図を描かせました。
jousanzu.jpg
 「ワセリンをぬると,出入り口である気孔がつまってしまうんだよね。だから,鉛筆で気孔を塗りつぶしなさい。Aは,表だけだね。Bは裏だけ」

 「後は自分で考えてごらん。」
 Seiryuくん,「分かった,分かった」と言って,戻って行きました。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.