FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

ルーティンにする

 ぼくが管理している mixi「セルフラーニング」のコミュに立ち上げたトピックです。
 「ルーティンにする」

 

前のトピックで,ダーライオン(dachan)さんのコメントに,

>> 小さいうちは、こんな風にルーティーンを作ってしまうのが心理的抵抗の少ない方法だと思います。

 というのがありました。セルフラーニングにおいて,このルーティーンはとても大切なものだと思います。

 カタカナ語なので,念のために,辞書で調べた意味を書きます。


ルーチン【routine】 《「ルーティン」とも》

1 きまりきった手続きや手順。また、日常の仕事。日課。「―ワーク」


 つまり,毎日決まった時間に歯磨きをする人は,その歯磨き行動はルーティンです。

 ダーライオンさんのところは,毎日の勉強がルーティン化しているということです。すばらしい。

 ルーティン化していると後は楽です。決まった時間にはそれをするのですから。

 このルーティン化ととても関連の深いのが「一貫性」です。決まった時間になると決まったセリフで「さあ,いっしょに算数しよう」と誘う。すると,子どもはそれを体で覚えてその時間になると算数モードに切り替わるということになります。

 ぼくは,正午になると犬,ねこに餌を与えます。すると犬やねこはもうその時間が分かるのですね。ちゃんと待っていますよ。

 ところが一貫性がないと,ルーティンになりません。

 ぼくは,「親は最悪の教師」とよく言っています。

 感情的になるということと,一貫性がないということでそう思っています。子どもとの約束は簡単に破ってしまう。7時からは勉強の時間と決めても,お母さんの方がいろいろ用事があって守りません。それではルーティンになるはずがありません。
 ルーティンになるまでは,意固地なくらいにそれを守る必要があります。

 そして,ルーティンになれば,何の力もなく走っていきます。

 自転車もこぎ始めはきついです。しかし,スピードに乗ればペダルをまわさなくても自転車は走っていきます。それと同じですね。

 このことは,子どもに勉強をさせることだけではなく,自分がセルフラーニングをする場合でも同じです。決まった時間に決まった場所で勉強をする。それがルーティンになればセルフラーニングは半分は成功です。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

ルーティンにする
Yojiさんおひさしぶりです。
ルーティンにすること、私も大切、というか学習の秘訣と思っていることでした。

勝手ながら、私のブログのほうで引用させていただいています。
よい記事をありがとうございました!
terakoya | URL | 2009/04/27/Mon 12:34[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.