FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

もっと英文法を!
「知恵袋」に次のような質問があったので,回答を書き込んできました。

英語教育についてですが、
今の中学の学習方法は間違っていると思いませんか?
大西泰斗教授の本を読んでから、
今の受験英語を変えるべきだ。と思いますがどうでしょうか?

同意文ができるから、何なんだ!とか
発音問題ができて何がある!と思いますがどうでしょうか?
文法ばかりやって、
何があるんだ。本当に英語が話せるようになるのか?と思います。
so ~ thatの構文はこう訳して。。。。など。。。
実際、学習するなら、しゃべれるように成る学習プランを立てるべきでないでしょうか?
みなさんの意見はどうですか?



(Yojiの回答)

私は,最近の英語教育は会話中心になっているので,だめになってきた,と思っています。

もっと,英文法をきちんと教える方向に直すべきです。

会話ができるとはどういうことでしょうか。
あいさつ英語だけだったら,確かに英会話教室の方がいいでしょう。

しかし,英会話を習って外人と話したら,あいさつまではとても流ちょうにできたけど,その後,ゆっくり会話をしようとしたときに,自分の考えも述べることができず,相手の話も理解できないということがよくあるそうです。

英語で会話をするということは,相手の英語をきちんと理解し,自分の考えを英語で話さなければいけません。

英語で話すためには,文法にのっとった文を作る必要があります。

確かに,旅行などでは,単語をただ並べるだけでも通じます。しかし,こみいった話になると文法にのっとった文でないとだめなのです。

アメリカ人は文法を知らない,という反論もあります。しかし,ネイティブはあふれる程の英語を聴く中で文法を身につけているのです。私たちも日本語の文法をそうやって身につけてきたのです。

「私は学生です」 は文法的にいいが, 「私を学生です」 ではだめでしょう。これは私たちが日本語の文法を知っているからです。

Can I help you? を「いらっしゃいませ」と習って,家に外人さんが来たときに使ったとか

How are you? I'm fine ,thank you. を機械的に覚えて,アメリカに行って,交通事故にあい,ポリスに How are yo? ときかれて I'm fine. thank you. and you? と答えたとか。

ただただ,会話会話を言っていると,笑い話にしかならないことがあります。

きちんと,英語の文法を学び,英語が読めるようになることが大切です。

確かに,入試問題ではこれでいいのかというものもあるでしょう。あれは,ふるいにかけるためのものだかれです。

関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.