FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

加藤周一の「読書術」
 先日は,徒然草の「見ぬ世の人を友とするぞ」について書きました。


 ぼくが大学生に入学したころに読んだ本に加藤周一の「読書術」があります。
 ぼくが読んだのはカッパブックスですが,画像がないようなので,岩波文庫のものを載せます。


 そのp24から引用します。

私は学生のころから、本を持たずに外出することは、ほとんどなかったし、いまでもありません。いつどんなことで偉い人に「ちょっと待ってくれたまえ。」とかなんとかいわれ、一時間待たせられることにならないともかぎりません。そういうときにいくら相手が偉い人でも、こちらに備えがなければ、いらいらしてきます。ところが懐からー巻の森鴎外をとり出して読みだせば、私のこれから会う人がたいていの偉い人でも、鴎外ほどではないのが普通です。待たせられ るのが残念などころか、かえってその人が現われて、鴎外の語るところを中断されるのが、残念なくらいになってきます。なにも偉い人にかぎらず、この人生に私たちを持たせる相手は、いくらでもあるでしょう。その相手が歯医者でも、妙齢の婦人でも、いや,すべてこの国のあらゆる役所の窓口でも、私が待たせられて、いらいらするということは、ほとんどありません。次の急な約束をひかえていないかぎり、また、待つ場所が肉体的苦痛をあたえるような場所でないかぎり、私はいつも血わき肉おどる本をもっていて、その本を読むことは,歯の治療や、役所の届け出や,妙齢だが頭の鋭くない婦人との会談よりは、はるかにおもしろいからです。


 徒然草の「見ぬ世の人を友とするぞ」に通じますね。森鴎外の本を取り出せば,もう鴎外と友になっておしゃべりを楽しんでいるようなものです。

 ぼくは,その本を読んでから,ポケットにいつも本を持って出かけるようになりました。ちょっとした時間があると本を広げました。

関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.