FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

立ってコンピューターの作業をするように努める。
 前に次の記事を書きました。
立ってコンピュータ作業

 今朝、きょうの記事を書くために前の記事(立ってコンピュータ作業)を探したのですが、それを書いたのが2016年8月9日。もう1年になるのですね。ほんとうにあっと言う間です。

 内容は、座りっぱなしでいるのは健康に悪い、と言うテレビ番組を見た、それでコンピューターの作業を立ち机にした、というものです。

 さて、立ち机にしたのはいいのですが、少し不自然な姿勢になりますが座っても作業ができます。
 やはり座った方が楽です。

 僕はやはり怠け者です。すぐ後ろに椅子があると、つい腰を下ろしてしまいます。だから座っている時間がどうしても長くなってしまいます。

 先日、台所で妻が働くのを何気なく見ていました。するとずっと立ちっぱなしなんですね。

 「主婦と言うのはそういうもんだよ」とのこと。

 僕も頑張って座わらないようにしなければいけないなと気持ちを改めました。

 それで1週間ほど前からできるだけ座らないように気をつけています。
 すぐ後ろには椅子があるのでつい座ってしまいそうです。

 でもがんばっています。なんとか習慣化するように気を付けたい。


眼球の運動
 僕もやはり老眼です。
 でも僕と同じ年代の人たちに比べると、視力は良い方だと思います。

 普段は眼鏡をかけていません。

 40歳の頃に老眼が始まったので、100円ショップで老眼鏡を買ったのですが、使っていません。その後も自分のメガネ(ガラスの)は持っていません。

 ただ新聞や本を読むのは少しきついので、100円ショップで買ったピンホールメガネを使っています。

 それが老眼をの進行をおさえているのではないかと僕は思っています。
 僕だけの経験なので何とも言えませんが。

 それから数か月前から目の運動をやっています。
 次の Youtube の動画を流しながらです。

視力回復したい人以外は見ないでください

聴くだけ簡単!眼球運動 リラックスしながら眼球の動きを向上させよう!


 それに従っての運動です。2つで10分程度。

 効果はあるのかどうかまだ分かりませんが、やらないよりは良いのではないか。結果はまだまだ先でしょう。

時間の認知機能から遅れる?


 僕の母は88歳になります。12月で89歳。

 その割には結構しっかりしていると思っています。
 足の方はだいぶ弱っていますが、目も耳も良いです。そして頭も結構しっかりしていて、話はまともにできます。

 郵便局の ATM から自分でお金を引き出すこともできます。

 ただ時間の認識が狂っていると思うことがあります。

 那覇で食事会が12時であるとき、余裕を持って読谷を10時半に出発します。それを伝えてあります。

 ところが自分が準備できたら10時前であろうと出て行こうとするのです。

 それで僕がまだ早いと止めます。

 最近は僕が出発する時を知らせるからと言うことでそれまでじっとする様になっています。

 と言っても時間が全くわからないわけではありません。
 時計の針を読むことはできます。

 毎日その日母が好みそうなテレビ番組をショートメッセージで送るのですが、その時間になるとちゃんとその番組を見ています。

 だから時間が全くわからないわけではない。

  ところがやっぱりおかしいのです。

 先日は、だいぶ早いのですが、お彼岸なので兄の家で夕食を一緒にすることとなりました。

 夕方5時すぎに出発しよう、と前もって話しています。夕食だというのはもちろん知っています。

 さてその翌朝です。午前10時頃、「Yoji, 準備はできたよ」と言うのです。

 その夕方からなのでまだ7時間ほども時間があります。

 それでも自分のペースで準備して、もう出かけるつもりでいるのです。出かけたいという気持ちが強すぎるのでしょうか。

 僕が、まだまだ早い、夕方に出かけるんだよ、出る時に声かけるから、と言うことで、それは受け入れた様です。

 どこでどう違っているのかはわからないのですが、とにかく時間の感覚のなさには正直呆れています 。

 ぼくも年を重ねると、そのうちに行く道です。ゆったりと受け入れていきます。

「生活習慣病」という病名はよくない
 1996年、「成人病」という名称から「生活習慣病」に改められました。
 確かに、生活習慣病という病名はある面で その病気の原因を表しています。

 でも、それだけではないのではないか。

  僕も血圧が高めです。 要するに生活習慣病です。

 しかし、ぼくは他の人より特に生活が乱れているとは思いません。
 たばこは吸ったことはありません。お酒も適度に飲む程度です。
 食事は妻がよく考えて、野菜中心のバランスのよいものを作ってくれます。
 好き嫌いはほとんどありません。

 ただ、食べるのは好きなので、太り気味です。

 最近は運動をするようになりましたが、塾をやっているころは犬と散歩をする程度でした。

 だから、生活習慣がよいとはいいませんが、そんなに悪いとは思われません。

 やせの大食いがいます。また、サモア人は遺伝的に肥満になりやすいそうです。
 母親が妊娠中に飢餓状態だと、その子供は大人になるにつれ肥満になりやすいそうです。

 太るかどうかは、遺伝や産まれるころの母体の環境が大きく影響するそうなのです。

 毎日ビールをたくさん飲み、それほど運動をしているようには思われないのに、生活習慣病ではない健康な人が身近にいます。

 確かに 生活習慣をパーフェクトにすれば、病気にならないかもしれませんが、それだけではないと思うのです。

 勉強によく似ているなと感じます。

  誰でも努力すれば東大に合格できるという人がいますが、それは間違いです。

 僕は長年学習塾で多くの生徒を教えてきましたが、 努力だけで学力が決まるのではありません。

 確かに努力して毎日コツコツ勉強すれば成績はそれなりに上がります。でもだれでもが東大に合格するほど成績が伸びるわけではありません。

 頭のいい人悪い人はいます。

  だから「成績が伸びないのはお前が努力しないからだ」というのは可哀想なことなのです。 努力だけではどうしようもないことがあるのです。

 平均点以下の点数しかとれなくても、努力している子をぼくはほめます。そういう子を努力していないからだ、と叱ってはいけません。

 ぼくをふくむ生活習慣病の人は、お前は生活習慣が乱れているんだと言われているのです。それでいいのでしょうか。


母が圧迫骨折しました
 母が圧迫骨折しました。
 年末の12月30日朝、母が腰が痛いと言います。

 携帯電話を背中の下に敷いたまま寝てしまったそうです。それが原因なのではないかと母は言います。

 病院に連れて行って欲しいと言うので、整形外科に電話すると留守番電話です。年末の休みに入っているのでしょう。読谷村診療所に電話しても休みです。
 救急病院に行くほどではないと言うので、しばらく様子を見ることにしました。

 年が明けて1月6日、また腰が痛いと言うので整形外科に連れて行きました。
 レントゲン、骨密度、そして MRI の検査をしました。

 レントゲン、 MRI で背骨を骨折しているのが分かりました。
 転んだり、重いのをもちあげたわけでもありません。圧迫骨折です。

 実は去年の11月頃でしたか、おばが圧迫骨折をして寝込んだという話を聞きました。

 でも僕の母は大丈夫だろうと話しました。
 牛乳は毎日2杯ほど飲みます。チーズも好きです。好き嫌いはありません。カルシウムは十分だろうから、骨は丈夫だと思っていたのです。

 さて骨密度の結果です。2箇所測定しました。腰椎と大腿骨です。
 腰椎は「異常なし」です。

 でも大腿骨は「要精検」です。
 コメントとして、
「今回の検査であなたの骨密度は、若い成人の平均値と比較した場合かなり低下しています。また同年代の人に比べて標準以上と言えます」
 とあります。

 同年代と比較した値は118パーセント。若い人(37歳)と比較した場合は71%です。
 同年代と比べると結構いいですね。食事もちゃんと取ってるからでしょうね。
 それでも若い人とは比べると低い。

 89歳です。低くなるのは当然でしょう。
 それで圧迫骨折をしてしまったということです。

 年相応ではいけないということですね。かなり頑張らないといけない。

 確かに母は運動は不足です。足が弱く、杖をついてよちよち歩きです。
 ほとんど一日中安楽椅子に座ったまま。

 食事の時に階段を10段ほど降りて食堂まで来る程度です。
 2階のベランダを20分程度のウォーキングは毎日するようにしています。
 でも運動は全然足りないだろうとは思っていました。それでも圧迫骨折するとは・・・。

 コルセットを作ってもらいました。今やっています。

 痛みはそれほどないのでそのうち治るでしょう。今元気いっぱいです。でも気を付けなければいけません。

 僕も年を取ります。食事、運動、気を付けなければ 。

「無知の知」と「無知の無知」
 高校の倫理社会で、「ソクラテスの無知の知」について学びました。次は Wikipedia からです。

ソクラテスはアポロンの託宣を通じてもっとも知恵のある者とされた。ソクラテスはこれを、自分だけが「自分は何も知らない」ということを自覚しており、その自覚のために他の無自覚な人々に比べて優れているのだと考えたとされる。



 「無知の知」とは、知らないということを自覚しているということです。

「無知の無知」というのは、今僕が勝手に作った言葉ですが、知らないということを自覚していないことです。

 医療においてそれを感じることがよくあります。

 沖縄県はかつて長寿県でしたが、今ではその地位がどんどん下がってきました。食生活が変わってきたこと、飲酒が多いこと、それから病気の治療を勝手に中断する人が多いとも聞きます。
 
 僕の周りにもいます。
 薬を飲み過ぎたらいけないとのことで薬をやめたという話はよくききます。
 また医者は信用できないという人もいます。副作用も怖い。

 確かにそういう面がないこともありません。

 前にある人から次のような話を聞きました。
 とても体調が悪かったので病院に行った。いろいろ検査をしてもらったが『異常なし』と伝えられて帰された、とのこと。
 それで、別の病院に行ってさらに検査をしてもらって、その原因がわかった。

 本人が体調不良を訴えているのですから、「異常なし」はありえないはずです。
 その医者が異常を見つけきれなかっただけです。
 さらに詳しい検査のできるところを紹介するなどの処置は必要でしょう。

 だから僕は医者を無条件に信頼すべきだというつもりはありません。

 もうけるために、薬をやたらに多く出す医者もいるそうです。

 セカンドオピニオンという制度があります。納得いかなければ別の医者にかかるかかることは大切です。

 でも納得がいかないということで、自分で判断してしまうのは「無知の無知」だと思うのです。

 医学について僕は素人です。無知だと思っています。僕はそれを知っているだから「無知の知」です。

 でも自分の体については自分が一番知っているんだと言う人がいます。
 自覚症状のない病気はいくらでもあります。そういうのは「無知の無知」です。

 今インターネットで色々なことを調べることができるようになりました。病気のこと薬のことをインターネットで調べるのはいいことでしょう。

 でもそれだけで医学について分かるでしょうか。僕はそんなに医学は浅いものではないと思います。

 最終的な判断は医者に相談すべきではないかなと思っています。

 もっと自分の無知を自覚すべきではないでしょうか。

足の悪い人こそ足の運動をすべきでは
昼食、夕食の後にビデオを見ながらテレビ体操をしています。

NHK のテレビ体操では、普通に立って体操をする人と 椅子に座って 体操する人がいます。 足が悪い人は 椅子に座って体操するのです。

足を動かす体操があります。
‎ その時座っている人はほとんど足は動かしません。 足が悪いのだからということですね 。

でも僕に言わせれば、足の悪い人こそ足の体操をしなければいけないのではないか。

もちろん NHK の立場は分かります。
‎ テレビ放送は不特定多数の人に 見てもらうためのもの。
‎そしてあまり無理をさせないことでしょう。

とにかくある岐路に立って、足が悪いからということで 椅子に座る。すると足の運動はしなくなります。

同じように生活の中でも足が悪くなると足を動かさなくなります。

僕らが普通にできることが難しくなるので 仕方ありません。
‎でも足が悪くなれば さらに悪くなる一方。

それを何とか食い止めるためには、 足が悪くなる前に足の運動を十分にすること。

そして少々悪くなった時も頑張って足を動かすことだろうな、とテレビ体操をやりながら考えています。


記憶力は衰えても大丈夫

 先日 妻の友人が妻に「最近は記憶力が衰えて大変だ」と嘆いていたとのこと。

  それに対し僕は次のように言ってあげたらいいよと話しました。
  それは半分は自分の記憶力の悪さのいいわけであり、半分は本音です。

  ある種の記憶力テストではチンパンジーの方が人間よりも優れているそうです。
  記憶力が良ければいいというものではないのです。

  昔、日本の 古事記は稗田阿礼 という人が全て覚えていたそうです。
  稗田阿礼だけではなく、昔の人は記憶力がとても良かったと いう話もあります。

  人類が文字を発明し、そして紙を発明して、記録を残すようになった。
  その頃から今まで覚えてたのを覚えなくてもよくなった。それで記憶力が悪くなったとのこと。

  ある意味で言えば、 脳の外に別の脳ができたと考えても良いのではないか。

  そして、現在 コンピューターが発明され 普及しました。
 多くのコンピュータを使う人がそうであるように、 僕も漢字を大分忘れてしまいました。自分で書くことはできません。

  でも大丈夫。 コンピューターが書いてくれます。ようは仕事をするかどうかです。 自分の手で漢字を書くことができなくても全く問題はないです。

  またひとつ自分の脳の外にコンピューターという大きな脳が拡張したと考えても良いのではないか。大量の記録も保存することができます。

  分からないことがあれば、 Googleの音声検索ですぐにいろんな知識を得ることができます。 一つ一つ覚えなくても仕事は進めることができます。

 僕の脳はクラウドまで拡張しているのです。

  だから自分の脳の記憶力が衰えていても しっかりと仕事はできます。それでいいのではないか。

 ただ 「鍵はどこに置いたのかな」 とか、「今ここに何をしに来たのかな」 というのは、コンピューターが フォローしてくれないので困ります。

 それでも、記憶力が衰えたことを認識して、それなりに対処する方法を考えるのですね。

「こんなに効くのなら薬になっていますよ」
  もうだいぶ前の話です。

  僕が 血糖値が少し高いという話をすると、友人がマンジェリコンという薬草を教え、そして苗を分けてくれました。

  僕はそれを増やして 2ヶ月ほど飲み続けました。

マンジェリコンを植える

  そして診療所に行って血液検査。でも全く改善はされていません。

  医者にマンジェリコンの話をし、ネット上に情報があるということも話しました。すると、すぐに目の前のコンピューターを開いて 検索し、そのページを 読み、そして言いました。

 「 こんなに効くのならもう薬になっていますよ」

 その一言を僕は つぎのように理解しました。

  製薬会社は 薬を作ろうと必死になっています。 特に、高血圧、糖尿病、 癌などに効く薬は すごくお金になるとのこと。

  だからそれらに効く薬を 懸命に探して、 薬にしようとしているのです。

  もしマンジェリコンにそのような効果があるとしたら、製薬会社が見逃すはずは ありません。 インターネット上にはすごく効くことが書かれているのですから。

  そして独自に検査をしたでしょうね。
  そして そのような効果があるのなら もう薬になっているはずだ ということです。

  お金儲けなのですから必死でしょう。

 そういう動きが見られないということは、 そのような効果というのはあまり 考えられないということですね。

  その後、僕は薬草などには頼らずに、医者に処方された薬を飲み続けています。食事にも気を付け、運動もしています。

  おかげで 甘いものもそれなりに食べていますが、 とても安定して、医者にも褒められています。

腕立て伏せ50回
 健康には気をつけています。 長生きというより、 元気で、そしてコロリと死にたい。 そのためには食事と運動が大切。

  筋肉を蓄える貯筋も大切だそうです。

  それで、 腕立て伏せ、ひざ立て腹筋、 スクワット、かかと上げ、 つま先上げ を毎日行っています。

  腕立て伏せが一番きつい。 最初は8回しかできませんでした。

  テレビで80歳ぐらいの人が、腕立て伏せを100回できると言っています。少しずつ増やしていったら100回までできるようになったとのこと。

 鈴木宗男さんは100回、綾瀬はるかさんは 200回もできると言っていました。

  それではと、1週間に1回ずつ増やしてきました。
  やっと50回できるようになりました。 腹筋、 スクワットなども同じように増やしてきました。

  腕立て伏せが一番きつい。 47回くらいまでふやした時には 腕がガクガク。

 50回になっても、できない日がありました。それで、1週間1回ふやすことはやめて、50回を安定的にできるようになったら、ブログに書こうとがんばってきました。もう3週間にもなるかな。

 いま、安定的かどうかは難しいのですが、なんとかできます。終わったら死にそう。息はゼーゼー。とてもとてもきつい。ギブアップしたい。
 妻は「かわいそう」と言いながら、笑っています。

 それでも何とかやっています。 腹筋もスクワットもきついのですが、未だ限界ではないです。

  これからも少しずつ増やしていきたいけど、週に1回ずつ増やすのは不可能。1ヶ月に1回ずつなら 増やしていけるかな。
 まあ、無理しない程度に。
 上手くいけば100回までできるかな。

  筋肉はついたように感じます。それの後に牛乳を飲むようにしています。
 健康につながっているかな。

親指にギプス
 右手の親指の付け根あたりを傷つけてしまいました。
  はっきり覚えてないのですが、 爪の脇に ささくれができていました。 それを無意識に取ったようです。

 そこから化膿したのか、痛くなりました。少しふれただけで激しい痛みを感じます。

  テープをまくのですが、それだけでも痛みます。

  それで ティッシュペーパーを 畳んで巻きつけ、その上から 厚紙で巻きました。 親指のギプスといった感じ。

 ギプスは 石膏で固めるそうですが、 僕は厚紙で固めただけ。何といっていいのかわからないのでギプス。指のヘルメット。
(「ギブス」だと思っていたけど、「ギプス」だそうです)
IMG_20180619_101338.jpg

 それでもかなり効果があります。それをつけてる時は 痛みを感じません。ただ親指が使えないと生活には不便ですね。

  風呂に入る時には それを取ったのですが少し何かにふれるだけで 激しい痛み。親指ギプスの 効果を感じます。

  一週間ほど経ちました。やっと痛みも和らいだ感じです。

育毛剤にはミノキシジルの入っているリアップ
  僕も 毛髪の隙間から地肌が見えるようになりました。 薄毛が進行してきています。

 もう65歳です。毛髪がなくなってもおかしくはない。 実際僕の周りで髪の毛がほとんどない人もいくらかいます。

  髪がなくなればなくなったで 堂々としていたいものだとは思います。でも、できれば毛髪はあった方がいい。

  先日 薄毛のことを テレビの「あさイチ」でやっていました。 その中で 塗り薬のミノキシジルは効果があると言っています。
https://www1.nhk.or.jp/asaichi/archive/180611/1.html

 ミノキシジルを検索すると、 リアップが出てきます。 リアップはコマーシャルもありますね。リアップにはミノキシジルが含まれているのです。


 実は僕は数年前からリアップを利用しています。 リアップは薬局でも薬剤師がいる時にしか買えません。

  リアップを 使用して、 劇的な効果は感じないのですが、一応の効果はあるように感じています。

  洗髪をしても 抜け毛が少なくなっているように感じます。 みるみる毛が生えてきたということは全くありません。まだ地肌が目立って見えます。

 なんでも早期発見、早期治療といいますね。いまのうちから対策をとっていれば、まだ間に合うかもしれない。毛髪がなくなるのが少しでも遅くなれば、そのうちにもっと効果のある薬が見つかるかもしれない。

 そう思って 一日二回のリアップ塗布を欠かさないようにしています。

「ひろのば体操」腰痛やひざの痛み、肩こり、頭痛の改善
 NHK ガッテンで
「10万人調査で判明!腰痛・ひざ痛 劇的改善のカギは足形にあり!?
2018年7月18日(水)午後7時30分
 をやっていました 。

 僕は現在、ひざ痛も腰痛も頭痛もありません。 でもガッテンは面白いので見ました。

  そこで、膝痛・腰痛に効果がある体操ということで 「ひろのば体操」が紹介されています。

  それは足の指の間に 手の指を挟み込み、そして前後に曲げるというもの。

 やってみました。
  最初行った時 激しい痛みです。 これは拷問かと思うくらい。 とにかく足の指が痛い。
IMG_20180918_092926.jpg

 その後、夕食後のテレビを見ながらは特に何をするわけでもないので、 そのひろのば体操を毎日やっています。

  始めてから1か月余り。徐々に慣れてきたようで、痛みはなくなり、現在では 硬さはあるものの痛みはほとんどなくなりました。

  続けていくと 人間の体は変わっていくのですね。 もともとひざ痛・腰痛がなかったのでこの運動によって何か改善されたものはありません。

 ただ なんらかの予防にはなっているかもと思い続けます。


不健康は不健康を呼ぶ
 最近は、運動をちゃんとしているよ、と胸を張って言えます。

  踏み台昇降運動、そして 筋力トレーニング、食後のテレビ体操もしています。

  だから 癌が見つかったり、 脳梗塞になったり、 交通事故にあったりしなければ、しばらくは健康で生きるだろうなと思っています。

  さてここのところ、 風邪をひいていて、体調不良です。
 寝込むほどではないのですが、体がだるく 咳が出ます。

 だから運動をやる気が出ません。 また 運動をして疲れて、 風邪がひどくなってもいけないだろうなという自粛する気持ちもあります。

  コンピューターの作業は今でもできます。 ただ普段は立って 仕事をするようにしていますが、座る時間が長くなっています。

 風邪というちょっとした不健康が、運動をしないという不健康を 呼ぶのだろうな。

 今の体調不良は一過性だろうから、治ればまた運動を始めるつもりです。

  でも慢性の体調不良にでもなれば運動もできなくなり、さらに 不健康になる可能性もあるのだろうな、などと考えたりします。

腕立て伏せ、25回×4セット= 合計100回
 死ぬまで健康でいるためには筋肉を鍛えた方が良いとのこと。 あまり好きではないのですが頑張っています。

  腕立て伏せ、 スクワット、腹筋運動、背筋運動、かかと上げ落とし、つまさきあげ、手のひらの開閉。

 毎週一回ずつ増やして行って60回まで連続でできるようになりました。特に腕立て伏せはきついです。

 それでも、 腕立て伏せ100回やってるよと 自慢できるまで頑張ろうと思っていました。

  ところがテレビを見ていると、 筋肉トレーニングは毎日やっているとかえって悪いとのこと。 週3回 にすることに。

  腕立て伏せなどを月水金、火木土は スクワット 腹筋 など。

  そしてさらにまた別の番組では、連続でするよりもインターバルでした方が良いとのこと。

  それで 月水金は 腕立て伏せを25回、次に かかと上げ落としを25回、 つま先上げを25回。それを1セットとして、 4セットすることにしました。

 だから腕立て伏せは25回×4セットで、合計100回することになります。

  連続ではないのですが 腕立て伏せを週3回は100回行っていることになります。

  最後の方はきついのですが何とかできます。また連続で60回やるよりもずっと楽です。

  もう3週間ほどになります。これからも 継続して頑張ります。

腕立て伏せ、25回×4セット= 合計100回
 死ぬまで健康でいるためには筋肉を鍛えた方が良いとのこと。 あまり好きではないのですが頑張っています。

  腕立て伏せ、 スクワット、腹筋運動、背筋運動、かかと上げ落とし、つまさきあげ、手のひらの開閉。

 毎週一回ずつ増やして行って60回まで連続でできるようになりました。特に腕立て伏せはきついです。

 それでも、 腕立て伏せ100回やってるよと 自慢できるまで頑張ろうと思っていました。

  ところがテレビを見ていると、 筋肉トレーニングは毎日やっているとかえって悪いとのこと。 週3回 にすることに。

  腕立て伏せなどを月水金、火木土は スクワット 腹筋 など。

  そしてさらにまた別の番組では、連続でするよりもインターバルでした方が良いとのこと。

  それで 月水金は 腕立て伏せを25回、次に かかと上げ落としを25回、 つま先上げを25回。それを1セットとして、 4セットすることにしました。

 だから腕立て伏せは25回×4セットで、合計100回することになります。

  連続ではないのですが 腕立て伏せを週3回は100回行っていることになります。

  最後の方はきついのですが何とかできます。また連続で60回やるよりもずっと楽です。

  もう3週間ほどになります。これからも 継続して頑張ります。

運動開始はスマホのアラームで知らせる
 昨日書いたブログの記事に Facebook 上で Aくんからコメントをいただきました。 ありがとうございます。

いつだったか書かれていた腕立て伏せやスクワットを毎日しているという投稿に刺激を受けて自分も筋力トレーニングを始めたのですが、三日坊主ならぬ一日で終わりました。

 さて 僕は 筋トレ運動は好きではありません。そして基本的に怠け者です。 だからついつい怠けてしまいそう。

 運動はいつでもできます。 出来る時にやろうと思ったらやらなくなりそうです。

  それで日課として入れることにしました。

  昼12時47分になるとアラームが鳴るようにスマートフォンにセットしました。 中途半端な時間ですね。

  以前母が同居していた時に、母のウォーキングをさせる時の時間です。母があるテレビ番組を見てあと、声をかけるのにちょうどいい時間ということでセットしました。

  母がウォーキングをしている間、僕は腕立て伏せをしたりラジオ体操をしていました。

  それで今でも12時47分になったらアラームが鳴ります。

  それがなったら 運動をすると決めています。 もう日課になってしまったので嫌だなという気持ちは少なくなりました。

 でも 筋トレはやはりきついです。

  これを続けていれば 死ぬまで元気でいられるかなというのが動機づけになっています。

僕は100 M を走れる
 2ヶ月前のことです。 妻は老人会の役員をしていますが、その集まりで 男子役員の一人から 「ヨージ(ぼく)は 運動会のリレーのメンバーとして走れないか?」と声をかけられたそうです。

 妻は「長い間走ったことないのに走って怪我でもさせたら大変だ」と即答で断ったそうです。

  さて、「信じられない」という人が多いのですが、僕は中学生の時、陸上部に所属していました。 短距離専門で県大会などでは80 M ハードル走 などにも出ました。

 県大会では中くらいでしたが、校内の運動会などでは結構活躍したものです。 だから走るのは好きです。

  だから、老人会の運動会でも走ってみたいなと思ったものです。

  ただ妻が言ったように長い間走ったことがないので、 100M を走りきることができるか 自信がありません。

 しかし、最近は 筋力運動をしたり 踏み台 昇降運動をしたりと運動はしているので もしかしたら走れるかもとも思いました。

  一度走れるかどうか試してみたいものです。
  近くに読谷村の陸上競技場があります。 そこで 試してみたいとも思いますが、 そこには 現役の陸上競技選手などがいるだろうからそこで惨めな格好をしても恥ずかしいなと躊躇していました。

  先日(11月15日)、意を決して妻を誘って 出かけました。
 妻にはタイムを測ってもらいます。スマートフォンのストップウォッチの使い方を教えました。

  案の定、数名ではありますが 現役の陸上競技選手らしきひとがいます。

  まあ年寄りなんだから と居直って、走りました。

  すると結構走れるのです。 最初から最後まで全力で走ってゴール。そんなに息も切れていません。

  妻に聞くと ストップウォッチを ゴールで押すことができなかった、 21秒ぐらいだったと思うとのこと。

  もう一度走ることにしました。 大丈夫、走れそう。

  次に走り始めたら妻がダメだと手を振りました。 スタート時に ストップウォッチを押すことができなかったようです。
  次も走り始めたら大きな声がするので 走るのをやめたら、声を出したのは別の人だとのこと。

  そしてまた走り始めました。
  次もゴールまで全力で走ることはできました。
  タイムは20秒20。

  中学生の頃は12秒台で走っていたと記憶しています。 随分遅くなっていますが、まあそんなもんでしょう。

  それよりも ゴールまで全力で走れて まだまだ余裕 があるのが嬉しかったです。自信になりました。

 毎日の筋トレ、踏み台昇降運動をやっているおかげでしょう。

  これなら来年の老人運動会に参加できそう。

走って後に アキレス腱の痛み、筋肉痛
  昨日は「僕は100 M を走れる」を書きました。

  Facebook ではいろいろコメントを頂きました。ありがとうございます。

 T君からは
「いきなり走り出すというのも危険なので、準備運動なども怠りませんように。」
 Kさんからは 「あ、筋肉痛は?」というコメントもありました。

  自分で100 M を走れるかどうかということで頭がいっぱいだったので準備運動もしないで走りました。

  2回走って妻にタイムを取ってもらったことまでは書きました。

  さてまだまだ走れそうです。 このように走っていたら タイムも短縮できるのではないか。 週に2~3回 練習したら 半年もしたら 15秒台ぐらいまで 短縮できないかななどと思いました。

  それで妻に、先に帰っていいよ。僕は 後あと3回(計5回)走ったら ゆっくりジョギングしながら帰るから、と言って帰ってもらいました。

 それで3回目を走り、まだ余裕です。調子にのって4回目も走りました。 走るのは楽だったのですが、走り終えたあとに 左足のアキレス腱辺りに 少し痛みを感じます。 大した痛みではないのですが 大事をとって 中止にしました。

 軽くジョギングをしても少し痛みを感じます。それでゆっくり歩いて帰りました。 家まではそれほど遠くありません。
 整理運動はしませんでした。

  さて家について 風呂に入り、 2階の書斎に行き、そして階段を降りようとすると 筋肉痛がします。

  その日で筋肉痛をするなんて 若いんだななどと妻に言って笑ったものです。

  さて翌日から筋肉痛がひどくなっています。 左足の アキレス腱辺りも 痛いです。静かにしていると痛みはまったくありません。 階段を降りるのがきついです。

  そして踏み台昇降運動、スキップなどをすると アキレス腱あたりが かなり痛くなるので 用心してゆっくりしています。

  週に2回か3回は 走りに行こうと思っていたのですが、これは無理です。

 4.5日くらい 筋肉痛はひどかったです。 もう楽になりました。

 アキレス腱の痛みも 落ち着いてきたので、その辺りを押してみると、アキレス腱ではなく足のかかとの骨を押すと少し痛みがあります。 その痛みも弱くなりました。

  また近々走りに行こう かな。 次は準備運動はちゃんとしますね。

月桃茶を毎日飲んでいます
 高校3年のクラスメイトK男君が、 月桃のお茶を たくさん作ったので 欲しければくれるとのこと。 高血圧や 高血糖に いいそうです。

  僕は血圧、 血糖の薬を飲んでいます。それでありがたくいただきました。

  そしてここ一か月ほど毎日飲んでいます。
  透明の淡いピンクに見えたり黄色に見えたりするお茶です。
 さわやかな味がします。

 濃く入れると苦くなると 説明書(K男くん作)にあるので、妻は 説明書にあるよりも薄めに入れています。それで苦味は感じません 。水よりとても 飲みやすいです。

  それで毎日ぐいぐい。

  さてその効果は・・・・。

  残念と言うか 幸いと言うか、分かりません。
 僕は薬を真面目に飲んでいます。そして運動、食事の面でも気をつけています。

 そのせいもあり、最近は血圧も血糖も安定しています。
  医者からもお褒めの言葉をいただいています。

 だから月桃のお茶を飲んだからよくなったとは言いきれません。
  でも 級友がいいというのですから、いいのでしょう。 飲み続けるつもりです。

チョコレートを食べて健康に
 ピンピンコロリを目指して 健康に気をつけています。 健康のためと言うと、 甘いのを食べるな、運動をしろなど、あまり面白くないことが多いです。

  先日11月28日の NHK あさイチを見ていると、 チョコレートを 食べると健康になれるとのこと。
 これは嬉しい。

  毎食3食前、朝食と昼食の間、昼食と夕飯の間の1日5回、チョコレートを食べるというもの。1回1個5gで、1日に25g。

 ただし、カカオが70%から80%のチョコレート。カカオにはポリフェノールがたくさん含まれていて、 それが肝臓に良いらしいのです。

 ポリフェノールはすぐに分解されるので、少しずつ時間をおいて食べた方がいいそうです。

  それで肝臓が良くなって身体全体も健康になる。

  大雑把に言うとそういうものです。ぼくはその程度に理解しています。

  これは嬉しく続けられそうです。

  早速妻がスーパーに行き、70%カカオのチョコレートを10袋 買ってきました。少し計算違いをして多めに買いすぎたらしいのですがね。

 レジの人は「10袋ですよ」とびっくりしていたとのこと。

 まだ習慣化されていないので、食べるのを時々忘れることがあります。 それで、思い出した時にテーブルの上に 次に食べる1個を置くようにしています。

  まだ数日しか経っていませんが、 これは続けられそうです。

  ただそれで健康になったかどうかは分からないし、 これからもわからないだろうな。 今でも 調子は悪くないのだから。

 「あさイチ チョコレート」で検索するとたくさん出てきます。例えば、

カロリー消費には「チョコレート」を食べろ!3食・間食前にボリボリと1日25 ...

昔の生活様式は股関節にいい?
  妻の話です。

  トイレに入るために列に並んでいました。
  前にいたお年寄りの番になり、 進んで行きトイレのドアを開けて中を見て、 そしてすぐに戻ってきて、妻に、 あなたが行きなさいと言ったそうです。

  妻がトイレのドアを開けると、そこは和式トイレだったのです。

 最近のお年寄りは和式トイレを避け、洋式トイレを好むとのこと。

 レストランには 椅子にかけるテーブル席と 畳の座敷がありますね。 僕も楽なので出来ればテーブル席を選びます。

  でも母と一緒の場合には絶対にテーブル席でなければいけません。 母は畳の間に座れないのです。

 法事には多くの人が集まります。 お年寄りが来る時にはちょっとした椅子を準備しなければいけません。 畳に座ることのできないお年寄りが多くなっているのです。

  僕の子どもの頃は、お年寄りほど和式トイレを好み、畳の間を好んでいたのではないか。 多分それまで和式トイレ、畳の生活の慣れているので、それを好んだのでしょう。

  和式トイレや畳に座るのがダメなのは、股関節の 痛みのせいのようです。では、昔の人は股関節の痛みはなかったのか?

  先日 NHK の番組「チョイス」で股関節のことをやっていました。 僕は大丈夫ですが、妻には股関節の痛みがあります。それで 僕も一緒に見ました。

  するとそれに出てきたゲストの医者がちらっとですが、
 昔の人は和式トイレや畳の間に座るので股関節に痛みがなかったのようなことを言ってたと思います。
  話の内容の中心ではなかったし、流れていったので、はっきりそうかは分かりません。僕にはそういう意味に聞こえました。

  そしてストレッチをすれば 股関節は良くなるとのこと。

  昔の人は和式トイレに座ったり、 畳の間に座って、毎日のようにストレッチをしていたということではないのかな。

  だから昔のお年寄りには股関節の痛みが現代のお年寄りのようにはなかったのではないか。

  今更テーブルをやめて、畳の間にしたり、和式トイレに変えることはできないでしょうね。テーブルや洋式トイレのほうがずっと楽ですから。

 でも 楽な生活をしていると、しっぺ返しがくるのかも。

インプラント手術までの流れ

インプラントの手術を受けましたがそれまでの流れを書いてみます。

前歯から右に3本 が抜けたので いつも行っている嘉手納の知花歯科に行きました。

1本は応急処置してくれましたが 残りの2本は インプラントにした方が良いとのこと。 沖縄市のなかわか歯科医院に 紹介状を書いてもらいました。

そしてそこでインプラントの説明を受けました。 口の中を見てもらい、 レントゲンを撮りました。 その後 CT スキャンもとってもらいました。

それをもとに先生がインプラントの予定など説明してくれました。

神経の通っているところもはっき写っています。 僕の場合には神経が離れているのでインプラントをしても 神経に触ることはないとのこと。

歯の型をとり、そしてインプラント手術のための歯の枠も作っていました。 その枠を使えば インプラントの深さもきちんと 決まるそうです。

歯の下の骨の硬さも分かるとのこと。
僕の場合には少し柔らかめだが 大丈夫だとの言っています。

そのようなことをとても丁寧に説明してもらいました。 安心して任せられるなと感じました。

そして手術。 最初に麻酔を打ってもらい そして手術に入りました。 前準備がきちんとしていたからでしょう 手術は無事終了。

でもこれで終わりではありません。
これから抜糸をしたり 歯をかぶせたり やることは結構残っているようです。

でも山場は超えたのでゆっくりのぞみます。

痛さについては次に書きます。

写真はなかわか院長と。 写真掲載の許可は 頂いています


インプラントの手術と痛み

インプラントの手術を受けました。
インプラントをした方がいいと 歯医者に言われた時、 まず最初に思ったのは痛いだろうな、です。

口の中の骨に ネジを差し込むのですから 痛いはずです。 でも多くの人がやっていること。 僕にも 我慢できるはずだと思って決心しました。

そして手術です。 最初に麻酔を打ってもらいます。 鈍い痛みを感じました。 そんなに強い痛みではありません。

我慢するというほどでもなく過ぎました。 予防注射を我慢できるなら大丈夫。

しばらくして手術が始まりました。 意識ははっきりしています。

医者と歯科衛生技師との会話もよく聞こえます。

そしてドリルのような音がしました。
口の中の骨に穴を開けているのでしょう。 でも何も感じません。 痛みはゼロです。

そして手術が終わりました。 手術中は痛さは全くありません。

しばらくは口の中や唇 が麻痺のせいで感覚がありませんでした。

家に帰って水を飲もうとしたらこぼれてしまいそう。 ストローを使って飲みました。

痛み止めをいただきました。 痛くなったら飲むようにとのこと。

僕の場合 麻酔が切れた後でも何もしない場合には 手術を受けたことを忘れるほど痛みはありません。

ただ ご飯を食べる時 うっかりそこに 物が挟まると痛みを感じました。 でも酷い痛さではありません。

もう数日経ちましたが痛み止めの薬は 全く使いませんでした。

ということで インプラントの手術では 痛さは基本的になかったと言えます。

これはあくまで僕の場合です。 個人差はきっとあるはずです。

痛み止めを渡されるのですから、 それを利用する人も いるはずですね。


インプラントの費用





インプラントは一本の歯につき30万円ほどかかるそうです。 僕の場合には3本なのでおよそ100万円。 かなり高いです。

インプラントは保険が効かない のでそのまま自費になります。 民間保険にも入っているので電話で聞いてみました。 インプラントは美容なので保険適用外だとのこと。

美容のためにインプラントするつもりはないのですが そういう決まりなのでしょうから仕方がないです。

妻に相談すると お金はなんとかするとのこと。 それでインプラントをやることを決心しました。

あと20年生きるとして、 100万円を20で割ると5万円。 1年間に5万円です。
5万円÷365日 = 137円
1日あたり137円

1日3食として137÷3= 46
一食あたり46円です。

そう考えると 気が楽になります。

前にテレビで 入れ歯をして元気になったロバの 話を知りました。
歯があることによって 元気になるのです。

インプラントだと自分の歯のように噛むことができるそうです。 それで健康になれば 高いお金を出しても いいかな。

インプラントにしてあと20年は生きなければ。





脱 IT で健康に

老人会の書記になったこと、 会長はショートメッセージは出来るが、メール、 LINE はできないことを書きました。

少し長い文になるとショートメッセージで送ることはできません。

しょうがないのでプリントアウトして届けることになります。

僕の家と会長の家は100m あまり離れています。
スクーターに乗っていけばすぐです。

でもこれくらいの距離ならウォーキングを兼ねて歩いて行ってもいい。

会長の家までは坂道を上っていきます。 少々きついのですが頑張って歩いて行き、 郵便受けに原稿を投函しています。

そしてショートメッセージで原稿を届けたこと伝えます。

面倒なことではありますが健康にはいいですね。

脱 IT で健康にです。


Nhkスペシャル 寝たきりからの復活~密着!驚異の「再生医療」~

Nhkスペシャル 「寝たきりからの復活脅威の再生医療」を見ました。

寝たきりからの復活~密着!驚異の「再生医療」~

すごいです。 脊髄を損傷して寝たきりになった人が再生医療で 歩けるようになり 日常生活が送れるようになります。

再生医療がここまで進んでいるとはびっくりです。

僕は高血圧で薬を飲んでいます。 脳梗塞になって半身不随になる可能性があります。

そのために妻が食事には気を使っていますし 運動もだいぶしています。
体重を減らすことができないのは 残念ですが。
血圧はだいぶ安定はしていますがでもやはり 半身不随の可能性がは拭えない 。

またちょっとした事故で 寝たきりになる可能性もある。

そういう時にこのように再生医療が進んでいるのを知ると 希望が持てますね。

元気なら長生きしていたい 。

本当に驚きの 番組でした。

妻は「人間はいつ死ぬんだろう」と言っています。

再放送 の日時を探すことができませんでしたが、 再放送すると思うので まだ見てない人は再放送見てください。

数年からやっていたイエテボリテクニック、ゆすがない歯磨き


録画しておいたテレビ番組ガッテンを数日前に見ました。

虫歯にならないためということで、歯磨き粉を使って歯磨きをした後、口をゆすがないという歯磨き法を紹介していました。

虫歯リスクが激減!?発見!新★歯みがき法



イエテ ボリテクニックと呼ばれる方法だそうです。

歯磨き粉の多くにはフッ素が含まれています。歯磨きをすると歯の表面をコーティングする。 だから歯磨きをした後水でゆすがない方が良いのだそうです。

実は僕は数年前からそれを実践しています。

数年前に見たテレビ番組で、歯磨きの後に少量の水で一回だけゆすぐという方法を紹介していました。

フッ素でコーティングするならその1回もゆすがない方がいいのではないかと僕は考えたのです。

それで歯磨きをした後には口の中に残ったものをぺっと吐き出し、口の周りを水で洗うだけ。

気持ち悪くないかと妻に言われましたが大したことではありません。  

僕が考えたのは正しかったんだなと嬉しく思いました。  

  先日テレビ番組ガッテンも見て後、妻も実践しています。
 
気持ち悪いことはないと言っています。

それを実践していることをこのセルフ塾のブログでも書いたような気がしますが、見つけきれませんでした。


乗り物酔い防止のメガネ
乗り物酔い防止のメガネを買いました。
僕は乗り物酔いがひどいからです。

しばらく前にNHK のテレビで「偉人たちの健康診断 空海」をしていました。

遣唐使として海を渡った空海は、荒れた海でも酔わなかったそうです。

彼の場合は、瞑想、呼吸法だったのではと推測していました 。

その番組で乗り物酔い防止の眼鏡を紹介していました。 空海とは全く関係ありません。

4つの丸いわくがあり、それぞれに青色の水がふちに半分ほどあります。

乗り物酔いの専門家が出演していました。彼ははっきりは言いませんでしたが、効果ないだろうという表情でした 。

どのようなものだろうという好奇心が働きネットで調べてみました。
amazon カスタマーレビューの評価は結構いいです。 値段もそれほど高くはない。2,399でした。

それで遊び感覚もあり買ってみました。

まだ試していません。試してどうだったか 報告しますね。

IMG_20190501_220652.jpg



腰痛予防、改善の体操

数日前 NHK のあさイチで 腰痛予防や腰痛改善に良い体操をしていました。

腰に手を当て 腰を後ろに反らして3秒間止めるというもの。 簡単にできます。

ビックリ!腰痛の新常識SP


僕はそれに似たことを5年ほど実践しています。

5年ほど前に激しい腰痛に襲われました。 2回です。

2本の杖で支えながらなんとか歩いていました。

夜中トイレに行くのも大変だから尿瓶も準備させるほどです。 ただ実際には尿瓶は使わずに痛みを堪えながら何とかトイレまで歩きました。

最初は整体師のところに行き治療を受け良くなりました。

2回目は 整形外科に行きました。

そこで ベッドにうつ伏せになり 手を伸ばして腰を反らせるストレッチを教わりました。

それにより 良くなりました。

ただベッドや床にうつ伏せになるのはとても面倒です。

腰を反らせばいいだろう ということで立ったまま後ろに腰を 反らすストレッチにしました。

琴奨菊がやっている 動作に に似ているということで 琴奨菊ストレッチと呼んでいました。 琴奨菊バウアーというそうですね。 知りませんでした。

その後激しい腰痛はありません。 少し腰に違和感がある時には それを繰り返して行っていると良くなりました。

数日前の NHK あさイチで似たようなことをやっていたので僕がやっていたのは良かったんだなと思いました。

これまでも 周りの腰痛持ちには勧めていましたがもう少し積極的に勧めようかな。

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.