セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

漢字のはなし (岩波ジュニア新書)"(阿辻 哲次 著)
 漢字のはなし (岩波ジュニア新書)"(阿辻 哲次 著)を読み終わりました。


 入門書としてとても良い本です。とても分かりやすく書かれていますし、入門期に知りたいことは網羅していると思います。

 これだけのことが分かれば漢字のことは入門したことになるでしょう。おすすめです。

なぜ、漢字は「漢字」というのか
 漢字のはなし (岩波ジュニア新書)"(阿辻 哲次 著)を読んでいます。おもしろいです。



 その本に次のようにあります。

"古代中国の王朝のひとつに「漢」があります。そしてこの漢の時代に作られた文字だから「漢字」というのだと考えている人が世間には時々いますが、それは大きな誤解です。"


 さあ、大変。ぼくは世間に時々いる一人です。漢の時代につくられたから「漢字」だと思っていました。大きな誤解だそうです。

 中学生に歴史も教えました。
 『漢書地理志』に、倭という100余りの小国に分かれた国があることが書かれていることを教えます。倭というのは日本のことです。

 その漢書地理志が作られたころの中国は、漢といいます。
 そのころに漢字ができたから、漢字だというのだとずっと思っていました。

多民族国家としての中国で、もっとも多く暮らしている人々が「漢民族」であり、実に人口の九五%・・・・


 そのことは知っていました。中学地理で学びます。ぼくの知識は中学生に教えていた範囲だけ。中学生に教えていてよかった。

その漢民族の言語を「漢語」と呼んでいます。


 それも一応知っていました。

その「漢民族」が話す「漢語」を書くための文字が、ほかでもなく「漢字」だというわけです。


 なるほど。漢民族が作った文字なので、漢の字、漢字というのですね。

スマホを買い替えたらショートメッセージも変わった
 毎朝母にはその日母が見そうなテレビ番組をショートメッセージで送っています。

 母は歌謡曲や時代劇が好きなので、僕が番組表を見て母が好みそうな番組を送っているのです。自分では番組表を十分に見ることができないからです。

 例えば次のように。

8日土🔵12時 b3 日本の歌 🔵3時 b8大相撲 🔵6時30分 b6 船村徹🔵9時 b7歌 🔵9時B4歌🔵9時地1藤井聡太


 さて、スマホを買い替えました。容量がいっぱいでいろいろ不都合があったからです。

 いつものようにショートメッセージで母のためのテレビ番組を送りました。

 すると、「今日は1つしかないの?」と言います。

 いやそんなことはない、たくさんあるはずだと答えて、母の携帯電話を見ると、ぼくが1度で送ったショートメッセージが2つに分かれて送られているのです。

 そして一番新しいのには一つのテレビ番組しか書かれていません。

 ショートメッセージは1回につき160字ですね。

 以前のスマホだと160字を超える時には、字数がオーバーだということでそれ以上入力できませんでした。

 ところが新しいスマホになったら、160字を超えても入力できるのです。

 そして、160字を超えた文は2回に分けてメッセージを送っていたということですね。

 母は2回に分けられた時には混乱して、見ることができません。一番新しいのだけを見ることができるのです。

 新しいスマホはいらんことをしているな、と思ったものです。

 でも使っていると新しいスマホの方がいいのです。

 僕は音声入力でショートメッセージを書いていきますが、最初は字数オーバーでも入力し、その後で160字以内に縮めるようにすればいいのです。

 慣れれば新しいスマホの方が良いです。

教育漢字六書分類表(藤堂明保)
教育漢字六書分類表(藤堂明保)

 漢字を象形,指事,会意,形声,転注,仮借の6つに分類する方法を六書分類といいます。それは分類する人によってだいぶちがいます。ここには教育漢字を藤堂明保氏による分類を一覧にしました。
 学研漢和大辞典の説明を参考にしました。

(象形文字)
(一年)
雨 火 貝 九 玉 月 犬 口 山 子 
耳 車 手 女 小 人 水 夕 石 川 
早 足 大 竹 中 虫 田 土 日 入(or指示) 
白 文 木 目 力 黄 
(二年)
羽 何 夏 回 角 楽 弓 牛 魚 京 
兄 元 戸 古 午 工(or指事) 交 行 高 才 
止 矢 自 首 色 心 西 声(聲は会意) 長 鳥 
刀 冬 東 肉 馬 米 母 方 万 毛 
門 来
(三年) 
去 業 曲 血 幸 皿 者 主 州 身 
丁 豆 平 由 予 羊 両 
(四年)
衣 果 求 欠(缺は会形) 参 散(or会意) 士 氏 児 象 
臣 単 兆 飛 必 不 夫 包 未 民 老 
(五年)
永 示 非 
(六年)
革 干 己 冊 尺 若 泉 片 卵 
(追加文字) 
鹿 井 

(指事文字)
(一年)
一 下 五 三 七 十 上 天 二 八 
本 
(二年) 
弟 
(三年)
県(縣は会意)
(四年)
末 
(五年)
再 
(六年)

(会意文字)
(一年)
王(or象形) 音 休 見 左 四 糸 出 森 正 
生 青 赤 先 男 名 立 林 
(二年)
引 科 家 画 会 間 丸 岩(巖は会意兼形声) 計 言 
原 後 公 光 合 谷 黒 今 算 思 
弱 秋 少 食 図 数 雪 走 多 体 
知 昼 直 答 同 内 買 半(or形声) 番 父 
分 歩 北 明 鳴 友(or会意兼形声)用 里
(三年)
安 医(醫は会意) 委 意 育 員 央 屋 化 開 
寒 宮 局 区 具 庫 向 号 祭 死 
使 次 事 実 守 取 酒 拾 習 集 
章 勝 乗 申(or象形) 真 進 世 昔 全 相 
送 息 族 対 炭 短 登 農 配 畑 
反 皮 美 筆 表 秒 品 負 命 面 
役 旅 列
(四年)
位 胃 印 加 害 各 官 希 季 喜 
器 泣 給 共 競 軍 芸 建 好 最 
札 刷 殺 産 史 司 辞 失 周 祝 
順 初 笑 焼 信 省 折 節 然 争 
倉 巣 束 卒 孫 帯 典 毒 票 付 
兵 別 変 便 法 牧 約 要 利 良 
料 量 類 令 連 労 
(五年)
因 易 益 可 解 規 久 禁 句 件 
険 検 厚 興 妻 罪 賛 支 師 質 
修 承 制 勢 設 舌 絶 素 造 則 
率 損 退 断 犯 比 貧 婦 武 弁 
報 暴 夢 綿 余 留 
(六年)
異 延 灰 巻 看 危 貴 筋 系 敬 
穴 后 孝 困 至 射 収 宗 就 衆 
熟 処 垂 寸 染 善 奏 存 尊 暖 
展 難 乳 拝 班 奮 並 閉 宝 亡 
枚 郵 乱 律 臨 
(追加文字) 
岡 熊 栃 奈 阜(or象形) 香 縄

(形声文字)
(一年)
草 百
(二年) 
海 帰 週 書 朝(or会意) 当 
(三年)
指 写 受 所 商 代 追 鉄(鐵は会意) 度 等 
鼻 洋 様 落 路
(四年)
塩 景 昨 賞 席 腸 徒 熱 副 
(五年)
移 確 旧 飼 常 敵 破 肥 布 仏 

(六年) 
映 割 机 権 紅 蚕 視 詞 署 障 
針 創 蔵 担 宙 討 党 糖 晩 否 
(追加) 


(会意兼形声文字)
(一年)
右 円 花 学 気 金 空 校 字 村 
町 年 
(二年)
雲 園 遠 歌 絵 外 活 顔 汽 記 
強 教 近 形 語 広 考 国 細 作 
市 姉 紙 寺 時 室 社 春 場 新 
親 星 晴 切 船 線 前 組 太 台(臺は会意) 
地 池 茶 通 店 点 電 頭 道 読 
南 売 麦 風 聞 毎 妹 夜 野 曜 
理 話 
(三年)
悪 暗 院 飲 運 泳 駅 横 温 荷 
界 階 感 漢 館 岸 起 期 客 究 
急 級 球 橋 銀 苦 君 係 軽 決 
研 湖 港 根 仕 始 歯 詩 持 式 
終 住 重 宿 暑 助 昭 消 植 神 
深 整 想 速 他 打 待 第 題 談 
着 注 柱 帳 調 定 庭 笛 転 都 
投 島 湯 動 童 波 倍 箱 発 坂 
板 悲 氷 病 部 服 福 物 返 勉 
放 味 問 薬 油 有 遊 葉 陽 流 
緑 礼 練 和  
(四年)
愛 案 以 囲 英 栄 億 貨 課 芽 
改 械 街 覚 完 管 関 観 願 紀 
旗 機 議 救 挙 漁 協 鏡 極 訓 
郡 径 型 結 健 験 固 功 候 航 
康 差 菜 材 察 残 試 治 借 種 
松 照 唱 成 清 静 積 説 浅 戦 
選 側 続 隊 達 置 仲 貯 低 底 
停 的 伝 努 灯 堂 働(国字) 特 得 念 
敗 梅 博 飯 費 標 府 粉 辺 望 
満 脈 無 勇 養 浴 陸 輪 冷 例 
歴 録
(五年)
圧 営 衛 液 演 応 往 桜 恩 仮 
価 河 過 賀 快 格 額 刊 幹 慣 
眼 基 寄 技 義 逆 居 許 境 均 
群 経 潔 券 限 現 減 故 個 護 
効 耕 鉱 構 講 混 査 災 採 際 
在 財 雑 酸 志 枝 資 似 識 舎 
謝 授 述 術 準 序 招 証 条 状 
情 織 職 性 政 精 製 税 責 績 
接 銭 祖 総 像 増 測 属 貸 態 
団 築 張 提 程 適 統 銅 導 徳 
独 任 燃 能 判 版 備 俵 評 富 
復 複 編 保 墓 豊 防 貿 務 迷 
輸 預 容 領 
(六年)
遺 域 宇 沿 拡 閣 株 簡 揮 疑 
吸 供 胸 郷 勤 警 劇 激 絹 憲 
源 厳 呼 誤 皇 降 鋼 刻 穀 骨 
砂 座 済 裁 策 私 姿 誌 磁 捨 
樹 従 縦 縮 純 諸 除 将 傷 城 
蒸 仁 推 盛 聖 誠 宣 専 洗 窓 
装 層 操 臓 宅 探 誕 段 値 忠 
著 庁 頂 潮(or会意) 賃 痛 届 認 納 脳 
派 背 肺 俳 批 秘 腹 陛 補 暮 
訪 忘 棒 幕 密 盟 模 訳 優 幼 
欲 翌 覧 裏 朗 論 
(追加漢字)
茨  媛 埼 梨 阪 岐 佐 崎 滋 沖


(仮借文字)
(一年)千 六
(四年)告(or会意)
(六年)我


なぜ、「達」は3本か
 漢字の「達」の横棒は3本ですね。「幸」は2本なのになぜだろうと思ったものです。

 これは中学生もよく間違えました。
 沖縄県立高校入試の国語には作文があるのですが、「私達」などの言葉で生徒はよく使い、そしてよく間違えていました。
 僕は注意してチェックしていたものです。

 今漢字の学習書を作っています。その中でわかることはいろいろあります。

 達の成り立ちは次の通り。
 

昔の字は、大と羊と「辶(すすむ)」とでできた字。
 大は音を表し、ゆとりのあること。羊はすらすらと子どもが生まれることを表す。3つを合わせて、ゆとりがあってスラスラと通ると言う意味を表す。


 (達のしんにょうは点が1つですが、出ないので辶で代用)

 藤堂明保編の「例解学習漢字辞典」からの引用です。





 羊でできていたのです。新しい漢字になり、土と羊としんにょうです。

 そのように考えて「達」をみれば確かにそうなっています。

 そして「羊」なら横棒は3本です。それが分かればもう間違えません。

 生徒にも、達は幸ではなく、土と羊でできているんだよと教えれば、それ以後は間違えないだろうと思います。

 なかなか興味深い 。

 「土にまみれた羊が辶(すすみ)、ゴールに達した」
と覚えればいいですね。

骨と過の共通点
 漢字の学習書を作っていますが、いろいろ新しいことが分かり、おもしろいです。

 骨と過の共通点は何か。よく見ると、どちらも「冎」が含まれています。

 冎は、骨の関節を表します。

 冎に月をつけると、骨。月は、天体の月のほかに肉の意味があります。成り立ちはまったく別。部首の月を「にくづき」といいますね。

 冎に口が入ると、咼、音読みは「カイ」「カ」

 咼は、丸くくぼんでいて、するすると動く骨の関節を意味します。

 過は、咼に「しんにょう(進む)」をつけて、
 関節のようにするすると進む、また進みすぎるという意味などに使われます。

 それで、過は、通り過ぎる、時間が過ぎるという意味になるのです。

 咼を含む漢字には、そのほかに、鍋 禍 渦 などがありますね。

 藤堂明保編の「例解学習漢字辞典」を参考にしています。




高倍率メガネタイプ拡大鏡 1.8倍
 88歳の母がメガネ型の拡大鏡を買って欲しいとのこと。
 テレビショッピングや新聞広告などでよく見ますね。

 石坂浩二さんなどが利用しているとのこと。
 メガネのようにかけて文字が大きくなるものです。

 母は高齢にしては目がとても良いです。でも文庫本の小さな文字を見るのはさすがにきついようで、拡大鏡が欲しいと言ってきたのです。

 でもテレビコマーシャルのそれは1万円ほどします。
 高いなーと僕は感じています。

 でも、母はそれだけ出しても必要なのだからと言うことの様です。

 それで僕は Amazon で検索してみました。

 すると2126円のものが見つかりました.

 妻に言うとテレビショッピングのものは踏みつけても簡単には割れないそうだから質が違うのではと言います。

 でもそんなのは踏みつけるものでもないし、これだけ値段がちがうということで母に相談してみると、アマゾンで買ってくれとのこと。



 それで注文して買いました。

 結構いい様です。満足して毎日文庫本を読んでいます。

 僕も妻も試しにかけてみました。いいです。欲しくなりました。

 しばらくして県民生協のカタログにそれが載っていました。アマゾンで買うよりも安く1922円。さらに約200円安い。

 それで僕も妻もそれぞれ買いました。なかなか良いです。

 かなりはっきり大きく見えます。両手が自由に使えるのもいいですね。

 ただ日頃は僕は100円ショップで買ったピンホールメガネを使うようにしています。

 先日兄がやってきました。それでこのメガネタイプ拡大鏡をかけさせて新聞を見せました。でもピントが合いにくいとのこと。眼鏡の上からかけてもだめだそうです。
 
 新聞との距離を調整するとピントがあい、大きく見えるとは言っていました。
 人によって違いはあるようです。


パソコン、スマホと同期する壁掛けカレンダー
 7月になりました。月が変わると壁掛けカレンダーも新しくなります。

 妻はマメなので新しい月になるとカレンダーに予定を書き入れます。

 不定期な予定も書きますがほとんどが定期的な予定です。

 毎週水曜日はソーイングクラス、火曜日は母の接骨院。

 そして毎月繰り返される予定もあります。食事会やモアイなど。

 その他、年で繰り返される家族の誕生日、命日なども書き加えます。

 それを見ながら、僕はパソコンやスマホと同期する壁掛けカレンダーがあれば便利だろうなと思いました。

 パソコンとスマホは同期しています。パソコンの google カレンダーや手帳のジョルテなどに予定を書き入れると、同期しているのでスマホで同じ予定を見ることができます。

 便利なのは繰り返し機能ですね。

 誕生日や命日などは一度入力しておけば毎年繰り返されるのでわざわざ入力しなくてもいいのです。

 毎月の定期の予定もそうですし、毎週の予定も。

 壁掛けカレンダーもパソコン、スマホと同期できれば、新しい月になってもカレンダーに書き込む手間はなくなります。

 壁掛けのカレンダーはそれはそれで結構便利です。

 スマホの手帳を出して予定を確認することはできますが、壁掛けカレンダーに予定が書かれていれば、ちらっと目を向けるだけで確認ができます。

 だからパソコン、スマホで入力した予定がすぐに壁掛けカレンダーに反映されればとても便利でしょうね。

 そう思って、もしかしたらこれはすでに商品化されているかもしれないと思ってネットを探してみると、ありました。

 同じことを考える人がいるのですね。

コレめっちゃ欲しい…!Googleカレンダーと同期する「紙の壁掛けカレンダ

 ただまだ発売はされていないのでしょうか、価格などはわかりません。

 僕は便利で欲しいとは思いますが、高ければ買いませんね。1万円も出して買う気はありません。

 そのうちに安くなるでしょうから、2000円ぐらいまで安いのができれば 買いたいな 。

丸腰の方が安全である
 刑事が登場するテレビのドラマで次のようなシーンがよく描かれる。警察に追われた凶暴な犯人が、人質を取り銃を持って立てこもる。そこで刑事が拳銃を置き丸腰になり、両手を上げて前に進み出る。銃は持っていない。あなたを攻撃するつもりはないのだということを強調して、犯人と交渉に当たる。ここで大切なのは丸腰だということ、武器を持っていないということである。

 北朝鮮の弾道ミサイル発射問題にこれを当てはめて考えてみたい。ニュース解説番組で知られるジャーナリストの池上彰さんが以前、北朝鮮が攻撃をするのなら、まずアメリカか韓国で、その両国より先に日本を攻撃することはないと強調していた。北朝鮮にとっては、自国を攻撃する可能性のある軍事基地をまずつぶすということなのだろう。国連の制裁決議にも従わない独裁・軍事国家の論理は、諸外国の平和外交とは懸け離れているにしても、まずは、そういう自国の防衛論理だということは分かる。

 最も危ぐするのは、本投稿欄でも指摘されるように、日本の中で沖縄が先に攻撃の標的となる危険性が高いことだ。米軍基地があるからである。ここは日本でありながら、アメリカなのである。アメリカを攻撃するのなら、沖縄の米軍基地を北朝鮮が攻撃する可能性は十分あり得る。

 私は米軍基地の近くに住んでいる。米軍基地が攻撃されるということは、私の住む地域にミサイルが飛んでくる可能性があるということだ。まさに危険と隣り合わせである。
 軍事基地を撤去して、冒頭の刑事のように丸腰になった方が安全ではないだろうか。防衛を理由に基地機能を強化すると、かえってリスクが高まるのである。先の沖縄戦でも軍隊と行動を共にした人の方が戦闘に巻き込まれ犠牲になった。

 日本では銃の所持は厳しく規制されている。しかしアメリカは自己防衛を主な理由に一般市民の銃所持が認められている銃社会である。過去に日本人留学生が訪問先の家を間違え、射殺された事件をはじめ銃乱射事件などが度々報じられる。その他、日本では報じられない、銃による多くの事件が発生しているという。防衛のためとはいえ、一般市民が武器を持つと危険が高くなる。日本のように銃の所持を認めない方がむしろ治安が保たれている。

 世界の各国が軍事力に頼らず、軍隊を持たず、地道な経済制裁による抑止と、対話による交渉の硬軟合わせた粘り強い平和外交を北朝鮮と続けることこそが重要ではないだろうか。憲法9条を順守することである。


きょう(7月2日)の琉球新報、オピニオンのページに掲載されました。



marugoshi.jpg

2017年6月のブログ拍手ランキング
 6月は152のブログ拍手がありました。ありがとうございます。

 加計学園問題や共謀罪法など、政治に関して自分の考えをいくつか述べたのですが、それらがけっこう上位にきました。

 それから、健康に関することもいくらか書きました。60代になり、健康が気になります。

 
拍手数7
加計学園問題と生徒の嘘つき行動
 
拍手数6
沖縄慰霊の日,、おじの霊を慰める
瞑想でテロメアを伸ばし、健康寿命をのばす
 
拍手数5
Youtube の音楽を mp3に変換しダウンロードする方法
共謀罪法が成立。人間は未来を見る目があるはず
クビと引き換えに歪められた行政のあり方が正せるのなら本望である
 
拍手数4
嘘をつく人は繰り返し嘘をつく・・・加計学園問題、萩生田光一氏の嘘
ファイルを上書き保存しない
「虎瀬山」(とらじやま) から首里城を見る
弁ヶ嶽ツアー、首里高校同期生仲間と
NHK 「クローズアップ現代+」はなぜ加計学園問題を取り上げないのだろう
教育漢字六書分類と藤堂明保編「学研漢和大辞典」
母はスマートフォンのすごさを理解
ブログは何でも聞いてくれる
ブログ拍手のランキングをちゃんと1か月で
 
拍手数3
沖縄口の「ウチアミ」は標準語では?
あいうべ体操、口テープでいびきが改善
あいうべ体操 
スマホのカメラを拡大鏡に使う
日の光が北から射す
近藤祥司著「老化はなぜ進むのか」ブルーバックス
「色」はセックスの象形文字、子どもたちにどう教えるか
民泊新法が成立。来年は民泊を始めたい
2017年5月のブログ拍手ランキング
 
拍手数2
自動運転と車酔い
漢字は他の漢字の影響を受けながら完成していった
「当」の部首は? 「堂」は、尚と土
会意兼形声文字とは、
象形文字、指事文字、会意文字、、そして形声文字
恩田 陸著「蜜蜂と遠雷」 おもしろかった。お勧め
 
拍手数1
原稿用紙の使い方の指導はなくなるかも
電子書籍なら、ポケットに文庫本を入れる必要はなくなる
説明文は読者に苦労させないように、文学作品は苦労させるように書く
ピタンガを生で食べる特権
ハブやマングースはアメリカ軍基地撤去反対
クチクェーティ(口が肥える)
Yojiの教材は「キミの分からないを教えてくれ」で溢れている
沖縄県立球陽高校の過去の付加題は学校の進路指導の先生から
旅行では紙おむつをする
Google のフォトから fc 2ブログに簡単に写真を貼り付ける方法
米軍が最も恐れた男、瀬長亀次郎
辺野古唯一は、思考停止
教育は、人間か人工知能か
ペットボトルのエコクーラー作ってみました
暮らしの手帖、池上彰、しんぶん赤旗
バングラデシュで殺害された7人の日本人は、戦争法の最初の犠牲者
私達は、自由であるだけに、今回の選挙の責任は重い
平和こそが一番の経済政策
単位には、意味がある。わり算は1あたり量を求めること
コンドミニアムT-Room
割り算の意味は、分けること、割ることとは限らない。少し詳しく
人殺しを抑えるブレーキを外す訓練
教材づくり でも 「巧遅は拙速に如かず」
向山洋一氏は 確信的に オカルトを信じている人
Yoji著『本物の学力 テスト用の学力』が Amazon Kindle ストアで販売が開始されました
「あさが来た」と「勉強をしなくてもいいという法律ができないかな」
犬の梅子がなくなりました
「共産、独自候補取り下げる方針」歓迎
瞑想中に猫が
惑星の名前の由来
シティーカード(City Card)の退会、・解約の方法
なぜ、「秒」も「2番目」もsecondか。
http://media.fc2.com/counter_img.php?id=878
+-÷×の記号の由来
http://media.fc2.com/counter_img.php?id=977
「リットル」は、 ℓではなくL
方程式 (1/4)x=8 をケーキで説明
割り算の意味は、分けること、割ることとは限らない。
飼い猫にひっかかれる・・・猫ひっかき病
保護色
ネコは人間をドレイと思っている
ねこはなぜハブの毒で死なないのか?
地球上の 2点の最短距離
星新一著「最後の地球人」
5日ぶりに三四郎帰る



 
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.